夜逃げで復讐が怖い

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

夜逃げをして闇金から逃れた場合、
都合良く万事解決とはいかない現実があります。

 

 

夜逃げのリスク

部屋探しや仕事探し

夜逃げにはリスクが伴いますが、苦労する可能性があることとしては例えば部屋探しや仕事探しです。

 

これらの契約には住民票が必要になることが多いものの、ただ住民票を移動すると居場所を特定されてしまう恐れがあります。

 

それゆえに移動の手続きができない状態になりますが、そうすると部屋を借りたり仕事に就くことが難しくなり、真っ当な社会生活を送ることが困難になってしまうのです。

 

夜逃げをして簡単に新しい生活を送れると思っていると失敗しますし、むしろ社会的に抹殺された状態になってしまい生きることも難しくなってしまう恐れがあります。

 

 

身内に被害が及ぶリスク

単身で夜逃げをした場合は身内に被害が及ぶリスクも考えられます。

 

闇金からすれば別に本人から借金を返してもらう必要性はないと考えており、取れるところから取ろうとしてきます。

 

その為、もし両親や自分の家族などの居場所が知られているのなら、そちらの方へと取り立てに行く可能性があるのです。

 

ですからもしかしたら自分が逃げたことで家族が辛い思いをしてしまうこともあり、周囲のことも考えた行動をとらなければいけません。

 

 

どのように問題を解決すれば良いのか

こうしたリスクがある夜逃げですので安易に決断をするのも良くないと言えますが、ではどのように問題を解決すれば良いのかと言えば債務整理を考えてみるのが一つの選択肢です。

 

法的に手続きをすることで借金問題を解決できるケースも多々ありますので、逃げることなく問題をクリアにできる可能性があるのです。