闇金の怖い体験談2

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

お金が足りなくなった時、最初は友人にお金を借りていました。

 

しかし、そのようなことが続くと、
以前は仲の良かった人たちとも対等に話すことが出来なくなり、

 

借りたお金を返したら、疎遠になるという事が何度も続きました。

 

 

友達からは借りられずに利用

お金が必要になっても、友達からは借りることが出来ないとなった時に利用したのが、消費者金融でした。

 

たまたま消費者金融の広告を見ていて、ここならばお金を借りることが出来るかもしれないと思い、申し込みをしました。

 

初めて利用しましたが、思ったよりもスムーズに申し込みをすることが出来ましたし、お金を借りることも出来ました。

 

 

簡単にお金を借りれた経験から

簡単にお金を借りることが出来たという経験により、徐々にお金を借りるということに対しての抵抗感や恥ずかしさなどを感じることは出来なくなり、

 

消費者金融からお金を借りているというよりも、自分の銀行口座からお金を引き出す感覚に近かったように思います。

 

 

返済が遅れはじめ

最初のうちは順調に返済をしていましたが、徐々に苦しくなり、返済が遅れてしまうということも多々ありました。

 

消費者金融から新たにお金を借りようと思っても、返済が遅れたという事が1度や2度でないため、

 

審査を通過することが出来ないのではないかという不安もあり、なかなか申し込みをすることは出来ずにいました。

 

それでも、返済をしなければ、利息はどんどん増えていってしまいます。

 

そこで、見つけたのが、誰にでも融資をしてくれるというところでした。

 

 

誰にでも融資をしてくれるというところ

いわゆるサラ金や闇金と呼ばれるところですが、多少支払う利息が高くなっても、
お金がないよりはマシと思い、申し込みをしました。

 

闇金から借りたお金もすぐになくなり、返済をするどころの話ではありませんでした。

 

闇金は少しでも返済が遅れると、家や会社に嫌がらせを行うようになっており、周囲の人のも迷惑がかかると思い、思い切って弁護士に相談をしました。

 

結局、借金を全額返済するのは難しいため、債務整理を行うことになりました。

関連ページ

闇金の怖い体験談1
闇金の怖い体験談1
闇金の怖い体験談3
闇金の怖い体験談3
闇金の怖い体験談4
闇金の怖い体験談4
闇金の怖い体験談5
闇金の怖い体験談5