闇金の利子相場は?

闇金の利子相場というものがありますが、はっきりいってあまり参考になりません。例えば年100%という金利でお金を借りて、それを完済したとしても、闇金はなにかと理由をつけて完済させてくれないことがあります。

 

闇金にとって、金利というものはあまり意味がなく、「回収できるだけ回収する」というスタンスであるように思います。もちろん業者によって違いはあります。

 

 

利息制限法では

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

利息制限法では、

 

  • 10万円未満では20%
  • 10万円以上100万円未満では18%
  • 100万円以上では15%

 

という上限金利が設定されています。

 

出資法では上限金利が20%と定められています。

 

 

利息制限法と出資法の違い

利息制限法と出資法の大きな違いは、罰則規定があるかどうかです。利息制限法の上限を超えた金利を設定しても罰則はありませんが、出資法の上限を超えた金利をとると、刑罰に処せられます。

 

闇金は利息制限法も出資法も守っていません。

 

闇金では「2週間で2割」とか、「1ヶ月で20%」という金利が設定されていることがあります。「20%」という値は出資法の上限ですが、騙されてはいけません。

 

出資法では年20%が上限とされています。「1ヶ月で20%」を年利に計算しなおすと、年200%を超えた暴利になります。

 

 

利子を払いすぎたら後で返還請求ができるの?

よく、利子を払いすぎたとしても、後で返還請求ができると考えている人がいますが、これは大きな間違いです。

 

確かに、正規の金融機関ならば払いすぎた利子は過払い金として返還してもらえます

 

しかし、闇金業者はある程度営業をしたら事務所をたたんで行方をくらまします。訴えようにも相手の住所がわからなければできません。

 

結果、払いすぎたお金は戻ってきません。