闇金の弱点は?弱点はあります。弁護士に相談すればあなたの悩みを解決してくれます

闇金でお金を借りてしまったら、この問題に強いに強い弁護士に相談しましょう。

 

そもそも、闇金とは闇でお金を貸しだす悪徳業者で、多くは反社会勢力であり、出資法や利息制限法の枠を超えた法外な金利で貸し出しを行い、金融免許を持たず、法律を完全に無視した違法貸出しとなるのです。
違法営業であることから、取り締まりの対象となります。
厳しい取立て行為や経営実態に関して取り締まりの対象となりながら、闇での金融であることが店舗や営業拠点を持たないところが厄介な問題となります。
警察は実際に被害や犯罪行為に遭って始めて動くのですが、問題がお金の貸し借りであり、実態が掴めなければ、重大事件のように真剣な捜査が行われないのが実際です。
警察の動きを良く知る闇金は、その行動をかいくぐるように、借金の取り立てを行い、脅しや嫌がらせを続けるでしょう。
すでにお金を借りた事実がある場合、冷静になって弁護士に相談しましょう。
弁護士であればだれでも良いというわけではありません。
弁護士と言えどもバッジを外せばただの人で、家族や生活もあるでしょう。
個人事務所で弁護士経験の低い人の場合、反社会的勢力に対して、毅然とした態度で対決できないことがあります。
借金問題や闇金問題に強い経験値の高い弁護士にこの問題を依頼することが良いです。

 

なぜ、この問題が厄介かというと、通常であればお金を貸し出す貸金業者は、出資法や利息制限法の下、金融免許を持ち、法で定められた様々な規制を守った上で営業を行いますが、最初からその法を破って営業し、中にはわざわざ、官報に記載されるような自己破産者や債務整理経験のある人をターゲットに、ブラックリスターということを知った上で融資を勧め、のちに契約へと導く、非人道的な融資が行われているのがあります。
これらの悪徳金融からすれば、通常の金融機関や貸金業者でお金が借りられないことを理解しているため、ブラックリスターは格好のターゲットで、ブラックリストがまさにレストランで食事をする際のメニュー表となるのです。
メニューを見ながらどの料理を食べようかと品定めします。
ターゲットが見つかれば貸出しを促し、返済能力にかかわらず取立て地獄へと導くでしょう。
一旦、その取り立てや脅しが始まると、その脅威はどんどんと増し、あらゆる手段で債務者を追い込むでしょう。
自宅はもちろん、職場や近所宅、親族や友人に至るまで脅威は迫り、否応なしに周囲との関係が絶たれ、相談相手が無くなるような包囲網を仕掛けてきます。

 

弁護士には各々得意な分野があり、医療裁判が得意な弁護士もいれば、交通事故被害訴訟が得意な弁護士もおり、登録金融への過払い金返還請求などの問題に強い弁護士など、日常的に取り組む得意な分野を専門として、それ以外の依頼を受けないという弁護士事務所もあります。
たとえ依頼を受けてくれたにしても解決できなければ無意味ですし、日にちや弁護士費用ばかりが嵩み、脅しや金利がどんどんと増えてゆくこともあります。
反社会的勢力や悪徳金融を恐れて依頼を受けないという弁護士も少なくはありません。
日常的にこの問題に取り組んでいる弁護士で、毅然とした態度で、脅しや脅迫に屈しない弁護士に依頼することが良いです。
一般には、合同法律事務所と言われる、多くの弁護士が在籍する大手弁護士事務所に相談することが良いです。
そこに在籍する弁護士が多ければ多いほど都合が良く、様々な問題に得意な弁護士が問題解決に全力を尽くすでしょう。
闇で活動する悪徳金融にも弱みはあり、回収と接触です。
回収は取り立てや入金です。
入金は、銀行口座を利用して行われるでしょうが、弁護士は職務的権限から、金融機関に口座を凍結する手続きが行え、また、違法なやり取りをしていると考えられる入金や出勤の利用履歴等の情報を提示するように金融機関側に求めることが可能です。
回収に人が接触する場合は、現場で取立てに現れた相手と真っ向から向かい合い、法の権限を行使します。
徐々に相手の姿かたちをあぶり出し、法の力で相手を壊滅に追い込みます。
闇金の実態があぶりだされ、被害状況を警察に届ければ、刑事事件として取り扱われて、警察も動かなければいけない状況が出来ます。
最初に警察に相談しても、違法業者は蚊に刺されるようなダメージです。
最初に強くダメージを与えておいて、一気に畳み込むことが問題解消へと繋がります。
そのためにもこの問題の解決実績の高い弁護士事務所への相談をすることです。
法律事務所を探す前に、自治体による法律無料相談などを利用したり、法テラス(日本司法支援センター)に相談し、闇金問題に強い弁護士事務所を紹介してもらうようにすると良いでしょう。

高額な報酬を求める弁護士もいるので、費用の点でも相談してみると良いでしょう。

 

最後になりますが、貸す方も悪いですが、借りる方にも問題があるため、自身の考え方や借金ができるライフスタイルの見直しも大切です。