闇金に流れた個人情報を消す方法は?闇金専門の弁護士に相談しましょう

一度でも闇金業はを利用すると、その利用した時に登録した個人情報はまとめて名簿化されてしまいます。
勿論ただ単に名簿化されただけであれば問題は有りませんが、実際にはその情報自体は業者間に流れてしまいます。
名簿化されたものに記されている内容は、その人の氏名、年齢、性別、都道府県等で区分されており、簡単に利用出来るようになっています。
実際に闇金業者を利用したら急に見知らぬ電話番号から電話がかかってくるようになったというのは、既に自分に関する情報が流出している証拠だと言う事もできます。
これはお金を業者から借りている時は勿論の事、既に問題が解決して取り立て等がストップした後も続きます。

 

元々業者が持っている顧客名簿と言うのは他の業者に行く事は有りませんでした。
しかし今ではこの名簿が業者間で売買されるようになっています。
勿論個人情報保護法により、昔に比べると名簿の売買と言うのも簡単にできなくなっていますが、それでもまだ売買の対象となっています。
情報の流出経路は一つでは無く、様々な経路で広まって行く為、一度広がって行ってしまったらもうこの個人情報の流出を自力でストップする事はとても難しく、ほぼ不可能だという事もできます。
だから、まずは闇金を利用しない、と言う事が大前提となります。

 

ただ既に利用してしまい、業者に情報が流れてしまった場合も、何とかそれを消す事が出来る方法も有ります。
そもそも自分が闇金を1度でも利用したという事は、既にお金に関してかなり困った状態だという事が出来ます。
普通に借金が出来る人は法的にOKとなっている銀行、消費者金融等からお金を借り、闇金を利用する事は無いからです。
どうしても銀行や消費者金融を利用する事が出来ないという事は、それなりの理由があると業者側は考えます。
また甘い話にも弱いのではないかと考える可能性もあります。

 

個人情報がまとめられたものをカモリストと呼ぶ事があります。
業者にとってカモになる人をまとめたリストだからです。
このリスト自体は様々な業者が利用しており、振り込め詐欺や架空請求等にも利用される事があります。
その為、既に借金問題を解消する事が出来たとしても、既に二次勧誘・二次被害を起こしてしまう可能性は十分あります。
またその情報は現代社会においては一気に拡散してしまう可能性も高く、素人目から見てもその情報を完全に削除するのは難しいのではないかと思う人もいる程です。

 

ただこうした自分に関する情報を削除する事は決して不可能ではありません。
確かに一度広がってしまった個人情報は一気に拡散してしまう可能性もあるので、簡単に削除する事は非常に難しくなっています。
ただ現在では個人情報法というものがあり、それには本人の申し出があれば子人データを削除する事が出来るという仕組みが有ります。
勿論第三者への情報提供を停止する事も可能となっています。
だから、それを利用すれば自分に関する情報を削除する事は決して不可能と言う訳ではありません。

 

しかし、この対応も個人で行うとどうしてもうまく行かない場合が多々あります。
出来るだけ高い確率で流出してしまった個人情報を消す為には、専門の弁護士に相談する方法が最も効率的です。
弁護士は生活に関わる様々な問題を解決してくれますが、その一つとして個人情報の流出に関するものも有ります。
相談すればカモリストに対しても早急に対策を講じてもらう事が出来るので、自分だけでどうしようもないと悩んだり、知らない電話番号からの電話に苦しんでいるよりもより問題の解決に近づく事もできます。

 

ただ弁護士であればどこに相談しても同じ様に対応してもらう事が出来るという訳ではありません。
弁護士には専門的に業務を行っている分野があり、それ以外の分野の人に相談してしまうと思った様な対応をしてもらう事が出来なかったり、満足の行く結果にならない事も有るからです。
弁護士に相談する場合はかならずこの分野を専門としている業者に相談する所から始めます。
弁護士を見つける方法としては、その事務所の開設しているホームページを見たり、紹介してもらう方法があります。
そして実際に相談し、どのような事で困っているか、どうして欲しいかと言う事を伝えます。

 

情報自体は拡散するスピードもとても速く、今ではすぐに多くの業者が自分に関する情報を入手している状態になってしまっているかもしれません。
ただそのまま情報を放置しておくと、知らない電話番号から電話がかかって来たり、他の業者からの勧誘を受けてしまったりする事も有ります。
甘い誘惑は二次被害を起こしてしまう原因となる場合もあるので、出来るだけ早く情報の削除に乗り出す事が必要不可欠です。
弁護士であれば既に情報の削除に関するノウハウも持っているので、自分がして欲しい事に対して正しく対応してもらう事が出来ます。
現在ではそうした情報を削除するという業者もいますが、実際には高額な削除費用を請求するだけの業者の可能性もある為、必ず弁護士に相談します。