闇金に借金の時効は通用する?弁護士に相談しましょう

結論から言うと、闇金に借金の時効は通用しない可能性が高いです。なぜなら、彼らはそもそも法律を守っていない業者だからです。自分たちがやっていることが犯罪であることをわかった上で営業をしている業者なので、時効によって返済義務が消滅したと主張することに、あまり意味はありません。もちろん、闇金にもさまざまな業者がありますので、「すでに時効なので返済はしません」と言えば、そこであっさりと引き下がるような業者もあるかもしれません。しかし、個人で交渉をしても、嫌がらせが悪化するだけの結果になってしまう可能性もあるので、なるべく専門家に相談をしておきましょう。

 

銀行や消費者金融から借りた借金の時効は5年です。これは短いと感じる人もいますが、時効が成立するケースはあまりありません。なぜなら、一度でも返済をしてしまったらそこで時効はリセットされるからです。また、金融機関が裁判を起こして、債権の存在が公的に証明されれば、時効はそこから10年に延びます。プロである金融機関が返済がストップしたまま放置することは、基本的には起こり得ません。

 

「そもそも違法な業者から借りた借金に時効が成立するの?」という疑問を持つ人も多いでしょう。銀行や消費者金融から借りた借金の時効は5年ですが、闇金は正規の金融機関ではありませんので、これはあてはまらないと考えられます。個人から借りた借金などの時効は10年ですので、時効が10年であると考える人もいるようです。もしも借用書をきちんと作成してお金を借りていて、その借用書が法的に有効であると仮定すれば、時効は10年になるでしょう。

 

しかし、闇金は貸金業者としての登録をしていない、違法な業者です。さらに、利息制限法や出資法で定められている上限金利をはるかに超える暴利をとっています。彼らのやっていることは、重大な違法行為です。このような悪質な業者と結んだ契約は、民法の不法原因給付や公序良俗違反などの規定によって無効になります。

 

契約が無効ということは、契約を結ぶ前の状態に戻ると考えられます。つまり、「10日で1割の利息を支払う」といった約束はなくなりますので、利息はいっさい支払う必要がありません。元本については、元々は自分のものではなかったわけですから、元の状態に戻すのであれば、業者に返還をしなければなりません。しかし、最高裁判例では、「金利が年100%を超えているなど、悪質度が高い場合には、元本さえも返済する義務はない」とされています。違法業者からお金を借りた場合の金利の相場は、年360%〜1080%程度になりますので、多くのケースで元本の返済をする必要がないということになります。

 

このように、5年もしくは10年の時効を待つまでもなく、違法業者から借りた借金は無効なので、返済をする必要がありません。ただし、最初から借金を踏み倒すつもりでお金を借りることは、詐欺罪にあたる可能性があるのでやめておきましょう。

 

違法な業者から借りてしまった人の中には、逃げ続けて時効にかかるのを待とうと考える人もいますが、そもそも契約は無効なので、逃げる必要もありません。逃げ続けて、仮に時効にかかったとしても、法律を守っていない違法な業者が素直に引き下がるとは思えません。逃げるのではなく、弁護士などの力を借りて、きちんと解決をしてしまいましょう。

 

さて、闇金からの借金は契約が無効なので、利息はもちろん、元本さえも返済の必要がないことがわかりました。しかし、自分たちがやっていることが違法であることを認識した上で営業をしているような業者が、契約が無効と言われて素直に引き下がるとは思えません。実際、個人で「契約は無効なので返済をしません」と言っても、嫌がらせをされてしまう可能性が高いです。自宅に頼んでもいない出前が大量に届いたり、救急車を呼ばれたりといったトラブルが報告されています。家族や職場の電話番号を知られてしまっている場合には、朝から晩まで嫌がらせの電話が鳴り止まないということになり、大きな迷惑がかかってしまう可能性もあります。

 

個人で戦おうとしても、ほとんどの場合に問題は解決しません。闇金問題を専門としていて、経験と実績が豊富な弁護士や司法書士に依頼をすることが、解決への近道です。家族や職場にまで迷惑がかかってしまったら、心が折れてしまって言いなりになってしまうという人もいます。なるべく早い段階で弁護士などに相談をして解決してしまうことが、被害を拡大させないためのコツです。

 

弁護士に相談をすると高額なコストがかかると考えている人がいますが、相談だけなら無料で受けてくれるケースも多いです。正式に依頼をした場合の費用も、1件あたり2万円〜4万円程度が相場になっています。放置していると、たった2万円の借金が半年で20万円以上になってしまったという事例もあります。早い段階で専門家に相談をして、解決をしてしまいましょう。