グレーゾーン金利とは?闇金には関係ないの?

昔は消費者金融からお金を借りる手段が大勢を占めていましたが、サラ金と呼ばれる業者がいわゆる消費者金融に当たります。店頭窓口でお金を受け取ったり、カードを使ってATMなどからお金を借りることができます。
この際に、グレーゾーン金利と闇金という2つの問題が生じます。この2つは似ていますが、比べてみると割と違う部分がよく見られます。関係ない場合もありますし、深く関係する部分もあるのが正直なところです。
グレーゾーン金利とは、貸金業法という法律において、利用者が払いすぎている利息の計算に使われた金利のことをいいます。貸金業法では利息制限法という決まりが存在しており、その決まりに則って消費者金融は融資を行わなければなりません。
利息制限法では10万円未満の借入時に年率20%まで、10万円〜100万円未満の場合だと年率18%まで、100万円以上の借入ならば年率15%までの上限金利を設定するように決められています。
本来であれば利息制限法に従うのが普通ですが、多くの消費者金融が別の出資法に基づいた融資を行っていた経緯があります。
出資法の上限金利は29.2%です。利息制限法に比べると遥かに高い金利になっていますが、出資法の上限金利ぎりぎりの設定をしている消費者金融が多かったのが事実です。なぜ、このような問題が生じたかといえば、出資法では上限金利を超えると罰則が発生する一方で、利息制限法は違反しても罰則がなかったからです。
問題を深刻にしてしまったのが、みなし弁済規定というもので、貸金業者として金融庁に登録されていること、利用者である債務者が契約内容に納得して利息を支払っていることがはっきりしている場合に、みなし弁済規定が適用されます。これが適用されると利息制限法を超える金利設定になっていても構わなかったため、債務者にとってはとても立場の弱い契約をせざるを得ませんでした。
しばらくこの問題が続いていましたが、ようやく法改正がなされたことにより、現在では本来の利息制限法に則った融資を行わなければならない状態に正常化しています。2010年6月18日から貸金業法や出資法が変わっていますので、この日付以降に消費者金融などの貸金業法に則った融資を行っている業者であれば、グレーゾーン金利が発生することはありません。
法改正されるよりも前の時期にキャッシングを利用していた場合、グレーゾーン金利に該当している可能性が極めて高いですから、気をつけてください。
闇金も利息制限法を超える融資を行ってきた業者ですが、彼らとグレーゾーン金利で融資していた消費者金融との違いは、出資法すら守らない、違法業者であることです。確かにグレーゾーン金利は厳密にいえば法律に違反はしているものの、契約どおりに返済すれば普通に取引をする消費者金融ばかりです。取り立てが問題視された部分があるものの、返済が困難であれば一方的に契約を解除したり、裁判所を通じて返済を要求していたところが大半です。
一方で闇金の場合だと、最初から高い金利を設定して多額の利息を債務者に支払わせるのが目的で、取り立ても非常にしつこく陰湿なものが多く、自宅に頻繁に電話をかける、自宅まで来て大声で取り立ての話をする、勤務先や家族、親戚まで巻き込んで借金の返済を強要するなどの嫌がらせをしてきます。
元々違法業者ですので、裁判所を通じて貸した分を返してもらおうなどしません。自分たちが逆に警察に捕まってしまう危険があるからです。
出資法が改正されてからは、まともな金利設定でサービスが提供されていますし、昔支払っていた利息制限法と出資法の間の高いグレーゾーン金利の分に関しては、時効になる10年が経過する前に過払い請求をすることで、消費者金融から払いすぎたお金を返してもらえる手段が用意されています。
ところが、闇金は今でも法外な金利を設定して融資を行っていますので、グレーゾーン金利の問題よりも深刻であることがわかります。
このような違法業者は当然ながら金融庁に登録を済ませていませんので、貸金業者とは認められていません。彼らからお金を借りてしまったとしても、借りた分も利息分も支払う義務がありません。法律によって守られていますから、安心しましょう。
しつこい取り立てがあるなら、できるだけ早めに専門の弁護士や司法書士に相談してください。彼らに依頼することで、速やかに取り立てがストップします。相手と交渉することで支払ったお金が戻ってくる場合もあります。素人が交渉するような相手ではないため、素直に専門家の力を借りてください。そうすることで、平穏な日常生活を取り戻すことができます。

グレーゾーン金利による過払い請求に関しても、弁護士や司法書士に依頼できます。闇金の依頼に比較すると過払い請求の依頼に応じてくれる弁護士や司法書士は多く存在しますから、無駄に払いすぎたお金を取り戻すためにもまずは相談しましょう。