闇金(ヤミ金)の嫌がらせ対策・電話の対処方法

闇金の取り立てに警察は対処してくれる?

闇金の取り立ては、嫌がらせや、おどしなど、一歩間違えば、傷害事件に発展するのではないかと考えられますが、そんな時には誰に相談したらよいのでしょう?

 

親しい人には決して闇金に借金があるということは信用を失うためにいえません。もし、警察に嫌がらせを相談したら、何か対処してくれるのでしょうか?

 

 

<警察の対応>

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

警察は、とかく事件が起きないと何もしてくれないという固定観念がありますが、警察も限定的に闇金への対応をしてくれます。

 

まず、嫌がらせがあったら、近くの警察に被害届を出して相談してみましょう。

 

相談を受けたら警察は、自宅の周辺をパトロールしてくれるようになりますので、闇金業者の嫌がらせを見つけたらその行為をとりしますようになります。

 

また、被害届に応じて、闇金業者を捜査したり、嫌がらせを取り締まったり、その請求を止めるように申し出をしてくれます。

 

 

<被害届の提出>

闇金から被害があった場合、被害を受けたという状況証拠が必要ですので、電話であれば、取り立ての録音を取っておく必要がありますし、ビラを配られたのであれば、ビラも証拠になります。

 

闇金に対してしっかりと対処してもらうためには、面倒でも警察署まで出向く方が無難です。また、闇金の名前や住所、銀行口座、振り込んだ金額などもしっかりメモして伝えることが必要です。

 

 

<警察の限界>

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

警察に届け出をすれば、闇金業者もしばらくはおとなしくなりますが、そのまま終わると考えない方がいいです。

 

闇金もお金を取るために必死ですから、あきらめないケースも多いのです。

 

また、警察は可能な限り闇金を意識してくれますが、いつも自宅周辺をパトロールして守ってくれるわけではありません。

 

 

<弁護士に相談>

警察に被害届けを出しても嫌がらせや、取り立てが終わらない場合は、闇金専門の弁護士にお願いしましょう。闇金は法律違反ですので、法的な解決にあたってくれる弁護士がとても頼りになります。

 

闇金に対する弁護士の相談は通常無料で受けることが出来ますので、法理的な事を理解するためにも、一度専門家の意見を聞くことがとても有用です。

 

また、実際に闇金に対して法的に解決するためには、闇金問題専門対応してくれる弁護士や司法書士を見つけて対応をお願いすることが必要です。

 

特に弁護士は、闇金の法律違反行為に対して裁判所に申し立てを行ってくれますし、すでに払い込んでしまったお金を返還するための手続きを行ってくれますので、適切な弁護士を見つけることが大切です。