借り逃げ出来る?危険性とリスク

借り逃げは出来る?危険性とリスク

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

ブラックの人でも融資を受ける事が出来るという点から、
どうしても誘惑に負けてしまって闇金を利用してしまう人がいます。

 

確かにお金を貸してもらう事は可能ですが、その後に待っているのは辛い返済です。

 

利率がかなり高くなっているため、通常の借金のイメージで利用してしまうと利息分しか払う事が出来ず、なかなか元金が減らないという事になってしまうので注意しなければいけません。

 

中にはそれで返済できなくなってしまい夜逃げ等を考える人もいるのですが、そもそも闇金からの借り逃げという事は可能なのでしょうか。

 

 

借り逃げ

借り逃げ、つまり借りたものを返済する事無く逃げてしまうという事になりますが、通常の対応をするだけではやはり少々難しいという事が出来ます。

 

勿論夜逃げも一つの方法と言えますが、この場合情報社会となっている現在では簡単に行先が見つかってしまう可能性もある為、あまり現実的な方法とは言えません。

 

 

確実な方法

それよりも、やはり弁護士や司法書士等に相談する方法の方が確実です。

 

基本的に闇金の融資は正しい融資と言う訳ではありません。

 

その為、実際には返す義務すらないと言っても良いのですが、やはり素人の対応では毅然とした態度で臨む事は出来ないし、家族や会社の方に迷惑が掛かってしまう可能性も十分あります。

 

その点、弁護士等に相談すれば法律の力を利用して問題を解決してもらう事が出来る為、闇金を利用したとしても返済しなくても良いという事になります。

 

 

危険性とリスク

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

基本的に闇金と言うのは違法で、法律上は決められた上限金利以上の金利分を払う必要は全く無いと考える事が出来ます。

 

したがって、正しくない貸付をしているという事になる為、
借り逃げをする事は可能です。

 

ただ、あくまでも安全に行う為には弁護士や司法書士等法律のプロに相談した場合であり、自分で借り逃げをしても安全に行う事が出来るかと言ったら決してそうではない事を知っておく必要があります。

 

 

闇金側にお金を返さない

借り逃げというのは、借りたものを返済せずに逃げてしまう事になります。

 

夜逃げもその一つになりますが、これによって闇金側にお金を返さない、踏み倒してしまうという事になる為、あまり良い行為とは言えません。
ただ、逃げなければならない程事態が悪化している人や、借金問題で苦しんでいる人は実際に存在しています。

 

しかし注意したいのは、案外逃げたとしても見つかってしまう可能性があるという事です。

 

また抑々闇金業者自体は法律について良く理解している為、貸付ではなく他の名目でお金を渡しているという事もある為、借り逃げ自体とても危険な行為だと言えます。

 

 

詐欺に問われる可能性

もう一つは、自分自身が詐欺に問われてしまう可能性があるという事です。

 

お金を借りる時には返済するつもりで借りる事になりますが、借り逃げをする場合、最初から返済する意思がないとなるとそれが罪にとわれてしまうので注意しなければいけません。

 

自分で借り逃げをするのはとても危険な行為なので、安全に行う為にも法律のプロに相談する事が重要です。

 

 

借り逃げするなら弁護士に相談しましょう

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金からの借金は、利息制限法を無視した金利によって
法外な利息が付くため、法的にも支払う義務はありません。

 

そのため、毅然として支払わないと言い続ければ、
取り立てから回避できる可能性もありますが、

 

相手も違法行為であることは分かっているので、歯止めがきかず暴力に訴えてくることもあります。

 

 

返済が少しでも滞ると

支払っている間は大人しいのですが、返済が少しでも滞ると一変して嫌がらせの電話や自宅への訪問などやりたい放題になります。

 

借金の踏み倒しのために夜逃げをするという方法もありますが、個人情報の扱いが厳しくなった現代でも住民票の移動などを行えばすぐに見つかってしまいます。

 

 

書類上は移動しなければいい?

戸籍や住所など書類上は移動をせずに、姿を眩ませるという方法も可能ですが、逃げた先で名前を変える必要があり、身分証を利用できないため、

 

  • 公的な福祉サービスが受けられない
  • 銀行口座を開設できない
  • 自動車などの購入も不可能になる

 

などのデメリットがあります。

 

闇金業者が親や親戚などの存在を知れば、そちらに債権を移したりすることもあるので、人に迷惑をかけたくなければ使うことができない方法です。

 

 

いますぐに対策をしたい

いますぐに対策をしたい場合は、闇金に強い弁護士に頼るのが最も確実性の高いものとなっています。弁護士は状況を確認すると、すぐに闇金に連絡をとって取り立てをやめるように申し立てを行ってくれます。

 

相手も違法な行為をしているので、逮捕されるようなリスクはとろうとは考えません。

 

そのため、早ければ3日ほどで取り立ては収まり、場合によってはこれまで支払ったお金を取り戻すことも可能です。