闇金(ヤミ金)の嫌がらせ対策・電話の対処方法

闇金は違法?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金といってもいろいろな業者がありますが、

 

総じて違法業者であると言っていいでしょう。

 

 

闇金は違法業者

まず、貸金業法では、貸金業を営むためには国や都道府県知事への登録が必要だと定められています。

 

この登録をせずに貸金業を営むことは重大な違法行為であり、重い刑罰の対象になります。

 

多くの闇金業者は登録をせずに営業をしている業者です。

 

また、出資法では、業として金銭の貸付を行う場合の上限金利は20%と定められています。この出資法に違反した場合も、刑罰の対象になります。

 

闇金業者の中にはきちんと金融庁への登録を行って営業している業者もありますが、出資法をはるかに超えた金利で貸付を行っているケースがほとんどなので、やはり闇金業者は違法ということになります。

 

 

違法業者の恐ろしさ

さて、このような違法業者でお金を借りてしまった時に怖いのが、彼らは自分達が違法業者であるということを認識した上で営業をしているということです。

 

覚悟を決めてやっているので、あらゆるやり方でお金を回収しようとしてくる上、警察の弱点も知り尽くしており、警察が動けないようなギリギリのラインで嫌がらせをしてきます。

 

中には、救急車を呼ばれたり、大量の出前が家に届くといった嫌がらせをされたという話もあります。

 

 

違法業者の弱点

闇金は怖い存在ですが、違法行為を行っているということは弱点でもあります。

 

被害に遭ったらすぐに警察に被害届を出してアドバイスを受けましょう。すでにたくさんのお金を払ってしまっている場合には、弁護士に相談をしましょう。

 

しかし、すでに逃げられている場合など、払ったお金が返ってこないケースも多いので、なるべくお金を払わず、すぐに弁護士に相談をすることがお勧めです。

 

弁護士への相談は無料ですし、回収したお金の範囲内で全て対応してくれるのが殆どです。