返済させてくれない時の対処方法

闇金が返済させてくれない時の対処方法

闇金は貸したお金の返済をせまってくることで有名ですが、実は借金を返済させないといわれることがありますが、一体どういうことなのでしょうか?

 

借金を返済しなければ闇金も収入がなくて困るように思いますが、その理由は何なのでしょうか?

 

 

<返済させてくれない理由>

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金がどうして借金を返済させてくれないかというと、それは借金を徴収するが、完済はさせてくれないという意味なのです。

 

闇金も収入が必要になりますので、おどしたりして激しい取り立てをして、早く支払いを行うようにさせるのです。

 

しかし、借りたお金を返済してしまうと、闇金はその後の収入がなくなります。ですから、よくあるのは、支払い日におくれたからといって、違約金を払えというように、あたらしく支払額を増やしていくのです。

 

わずかなことでも、問題にして返済を先延ばししていくのです。また、返済日の前にかならず連絡をすることを義務づけていて、借り手が連絡をしてきた時に、意図的に電話を取らないようにするのです。

 

そこで、連絡を取るように言ったのに、約束違反をしたといって、また支払額を増やしてくるのです。つまり、なんだかんだといって、支払いを終わらせないようにあの手この手で、仕掛けてくるのです。

 

こういう闇金は特に悪質で、支払先の口座もよく変えるのです。きびしい取り締まりの結果、口座の凍結を繰り返していると考えられています。

 

 

<警察に連絡>

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

嫌がらせがエスカレートして、恐怖を感じたり、物的な被害にあったりしたような場合はすぐに警察に相談をしましょう。

 

警察は、実際に被害がないと被害届が出せないので、積極的には動いてくれないことが多いため、被害の状況を証拠としてしっかり残しておくことが大切です。

 

特に、最近の闇金は電話での脅しが多いため、電話の録音は必ず行っておくべきです。

 

その際に、電話での応対をただ記録するだけではなく、相手が脅してくることに対して、そういう言われ方をすると怖いとか、脅されるから怖いというように、どのように自分が被害を受けているかを言葉にして記録することが必要なのです。

 

被害届を提出することで、闇金業者の嫌がらせは、すぐに止まることがあります。しかし、警察は闇金が返済を終わらせることを進めてくれるわけではありませんので、最終的な解決は弁護士にたよるしかないのです。

 

 

<弁護士に連絡>

闇金が借金を完済させてくれない時には、やはり弁護士にたよる以外に方法はありません。

 

そもそも、闇金は違法ですからどんなお金も返済する必要がありませんし、返済途中でその約束をかえて脅しをしていることも、違法行為そのものです。

 

違法的にだまされて支払ったお金は、過払い金として回収することも可能です。そのためには、なるべく早く弁護士に相談することが賢明なのです。