警察は相談に乗らない

闇金の被害に遭ったりトラブルの渦中にいる人達は、時に困り果てて警察に酢暖に行く事もあります。ですが、警察に相談をしてもすぐに自分の抱えている問題やトラブルが無くなる事は非常に稀です。警察に動いてもらうためには被害届の提出をしなければなりませんが、被害届を出すためには違法性のある被害を受けたという確実な証拠が必要になるのです。しかしそもそも闇金は簡単にしっぽを出しませんし、証拠になるような事柄を握る事は非常に難しいのです。一昔前のドラマや映画などでは闇金業者が借金滞納をしている人の家のドアに張り紙をしたり、電話をずっと鳴らし続けたり、ドアを蹴ったりといったシーンが出てきます。しかし現在ではこういった事も厳しく法律で規制されているので、もしも昼夜を問わず電話をかけてきたり、暴言・脅迫などを迂闊に行えばすぐに摘発の対象となってしまいます。そのため現在では手口が非常に巧妙化しつつあり、被害者が闇金被害に遭っている証拠を揃えるのが難しくなっています。限りなく法的にグレーな取り立て・督促・嫌がらせを繰り返して滞納者を疲弊させるのに長けているので、被害者は被害届を出す事が出来ず、警察の方も動きようが無い場合が多いのです。一応脅迫めいた電話や自宅の近くで張り込まれている場合は警察が厳重注意をしてくれる事もありますが、警察も24時間近所を張り込みするわけにもいきませんので、やはり決定的な事が無ければ摘発までには至りません。闇金被害に遭っていたとしても刑事事件として扱う事が出来なければ警察も動けません。警察には民事不介入という鉄則があるからです。その事をよくよく考えてみると、民事に介入出来るのは一体どこになるのかという話になります。実は闇金などのトラブルを抱えている人が相談をするのであれば、警察よりまずは闇金問題を扱っている弁護士の元に行くのが望ましいのです。警察への相談や情報提供は、ある程度の証拠があるのであれば弁護士に相談・依頼をして被害金額を回収した後の方が良いでしょう。闇金とのトラブルをある程度解決した事がある実績とノウハウを持つ弁護士をいくつか見繕ってまずは相談に行き、今後の方針などを聞いたり料金の確認をし、実際に依頼をすると弁護士が闇金業者と交渉をして取り立てを止めさせてくれたり、被害金額の返還請求を行ってくれます。闇金業者は弁護士が介入すると、それ以上話がこじれて面倒な事になり、警察などから摘発されるリスクが高まるのを恐れて大人しくなる事も多いです。弁護士は法的に有効になるような証拠集めの方法や、その他の対処方法に関しても精通しているので、ある意味被害者に直接警察に相談に行かれるよりも効果が高く、これを闇金業者は嫌うのです。また、弁護士に裁判を起こされてしまうとそもそも違法業者なので勝ち目はありません。弁護士がどこまでの手続きを行うのかは弁護士の腕と考え方次第です。被害金額の返還請求まで行ってくれる弁護士もいますが、トラブルを解決出来ればそれでよしとする弁護士もいます。闇金は弁護士が取引口座の凍結措置を取ったりする事によるリスクを避けるために大人しく弁護士に従う事も多いです。この際、弁護士があまり闇金の手口などに詳しくないとわかれば無茶を止めない所もあります。そのため、闇金の対応に慣れている弁護士への依頼が必須となるのです。しっかりした弁護士に依頼する事が出来れば果ては逮捕や収監の可能性があるとわかっている闇金はおとなしくなる事が多いです。しかし闇金専門の弁護士の中には闇金とのつながりがある所があります。そのため、弁護士を利用する場合にはネットの口コミなどをしっかりと調べる事が大切です。そのような弁護士は闇金トラブルを解決するための交渉なども杜撰ですし、依頼をしてお金ばかり払わされて一向に問題が解決しないままという事もあります。更に、普通の相場よりもかなり高い費用を払わされるといった事もあります。問題を解決するために弁護士に依頼をするのですから、依頼する弁護士はよくよく吟味しなければなりません。なお、時々法テラス経由なら公的機関で紹介される弁護士だから安心と考える人もいますが、これもあまりあてになりませんので、闇金のトラブルの場合は自分で弁護士を選ぶようにしましょう。闇金の被害に遭ってボロボロの状態だと弁護士費用が払えない・心配だという人も多いです。しかしこの点に関しては分割後払いが出来る所も多いのであまり心配はないと言えるでしょう。弁護士に相談する場合はいくつかの事務所を回り、その中から費用・弁護士の質共に良い所を選ぶようにするのがベストです。ついでに相談の際に分割が可能かどうかを聞いておくようにしましょう。弁護士事務所の中には成功報酬金を取っている所も多いです。闇金の案件の場合は取り戻す事ができたお金の中から一定の割合を弁護士報酬にしています。悪徳弁護士や悪徳司法書士の場合、契約をした際の契約書がかなり巧妙に出来ています。取り戻した金額の○%が報酬と書かれていると、普通は金額に○%を掛けたものが弁護士・司法書士への報酬となりますが、悪徳弁護士事務所などでは取り戻したほとんどのお金が事務所側に渡るようになっています。契約書をよくよく見ても気付かないほど巧妙なので後から泣き寝入りをするパターンも多くあります。ネットの口コミや評判をよくよく精査してから依頼をすればこのような悪徳事務所を避ける事が可能です。あまり口コミや評判が出てこない所を避ける事も大切です。良い弁護士に依頼する事が出来さえすれば、数日以内で闇金からの接触や嫌がらせを止めさせる事も夢ではありません。違法な闇金業者とトラブルになって困っている場合には、一度闇金問題を扱っている弁護士に相談に行ってみましょう。