闇金との交渉方法

闇金業者との交渉は、最終的には闇金絡みのトラブルの解決に強い、経験豊富な弁護士に依頼するという方法で解決できます。稀に個人で闇金と直接交渉を行ったり、返済の義務が無いのだからと返済をしないようにする人がいますが、そもそも闇金業者は違法行為を平気で行っているような犯罪集団ですし、まともに話しや理屈が通じる事はありません。そのため、最も穏便に解決するにはトラブル処理能力の高い弁護士を見つけて介入してもらう事が必須なのです。警察への通報は証拠があるのであればその後に情報提供という形で行うのが良いでしょう。闇金とは国に届け出をせずに無許可で営業を行い、貸金業法で定められている事を守らず利益を得ている貸金業者の事を指します。通常正規業者が利用者に貸付を行う際には利息の上限が決められているのですが、闇金は違法業者なのでこの法律を守ろうとしません。大抵は途中で払いきれなくなるような高金利で貸し付けを行い、中には10日で元金の3〜5割の利息の支払いをしなければならない闇金もあります。昔はトイチなどと呼ばれる金利で営業されている所も多かったのですが、最近では10日に1割利息を支払うトイチどころか、それ以上の暴利を貪る闇金が増えてきました。昔に比べるとネットなどで利用者が困った際に知識を得やすくなっていますし、法規制も厳しくなったので随分闇金業者もなりを潜めるようになってきています。その分手口が巧妙化してきていますし、ゆるい違法営業では逆にリスクが高い事から、暴利を貪って短期間で一気に取れる所から巻き上げて雲隠れするような業者も多くなってきています。このようなことがわかっていても、闇金の被害者は後を絶ちません。お金に困っている人と言うのは正常な判断が出来なくなり、借金に関する感覚がどこかおかしくなってしまっています。そのため本来ならばどうするべきかわかるようなことが客観的に見れなくなってしまっているので気付けなくなります。このような余裕が無い状態の時に闇金にひっかかってしまう事が多くなります。借りれる所を探しているうちに自分でたどり着いてしまう事もありますし、裁判所を通した債務整理を行った後には官報に名前や住所が掲載されますので、それを見た闇金業者がダイレクトメールなどを送ってくる事もあります。どこの正規業者からも借りる事ができない人が、急な出費でお金が必要で慌てている時に隙ができます。このような闇金を利用してしまうと後が大変なので絶対に借りないようにしなければなりません。闇金業者は違法営業をしていますが、最近では普通の貸金業者を装って貸付を行っている所があります。それらはソフト闇金と呼ばれていますが、最近できた闇金の新しい営業形態です。金利は普通の闇金に比べると低く抑えられている所も多いですが、それでも違法な金利を取る所が多いですし、母体は結局闇金です。そういった所を利用すると、だんだん深みにハマっていつの間にかもっとタチの悪い闇金業者を利用する事になっていた…という事もあるので油断は禁物なのです。闇金では自らを貸金業者としていますが、実態は業者の事務所や本拠地も不明・固定電話も無し・業者の口座も不定期で変わるといった胡散臭い営業をしている所も非常に多いです。闇金の嫌らしい所は、利用者が本当に必要としている金額を融資せず、たった数万円を融資して、それを元手にどんどん利息を巻き上げていく所です。利用者側は本当に必要な金額を融資してもらう事ができないまま、元金を返済させてもらう事もできずに毎回高額な利息を巻き上げられていきます。その状態が長ければ長いほど被害金額は大きくなり、気が付けばたった数万円借りただけなのに利息だけで数十万・数百万払っていたという事になりかねません。また、闇金に口座番号を教えてしまうと押し貸しの被害に遭う可能性も高くなります。こちらが融資を頼んでいないにも関わらず、勝手に銀行に振り込みをして高額な利息を請求してくるのです。闇金の手口はインターネットなどもフル活用されています。最近では既存のマイナー正規業者に成りすまして利用者を誘い込んだり、融資可能な業者が探せると個人情報の入力を促され、軽い気持ちで利用してみたら入力した連絡先に闇金業者から電話やメールが沢山来たといったケースもあります。まだ融資の申し込みもしていないうちから、以前申し込みをしたからその分はキャンセルできない、キャンセル料を払えといった脅しの電話がかかってくる事もあります。その際に入力フォームに職場の連絡先などを入力してあると、職場に電話をかけてやるなどと脅される事もあります。しかしいきなりの事で慌てる人も多いと思いますが、冷静になって聞いてみると結構言っている事はバカっぽいので相手にする必要はありません。逆に色々問い詰めてやる気持ちで毅然と対処しましょう。この際に変に下手に出たり取引してしまうと、その後ずっと闇金と縁が切れなくなってしまいます。闇金に一度個人情報が知られてしまうと、その後はあの手この手でお金をむしり取ろうとしてきます。ある程度抵抗したり毅然とした態度で問い詰めればあっさり手を引く業者もあれば、非常に執拗でタチの悪い業者もいます。どうしても自分一人で対処できなくて困り果ててしまったら、最終的には闇金問題に対応している弁護士をいくつか探し、相談に行ってみるようにしましょう。そこで色々と今後どのような対策を取っていくのかを相談してみると、それぞれの弁護士の戦略が見て取れますから、この人なら大丈夫そうだと思った人に依頼をし、闇金と交渉してもらうのもおすすめです。