連帯保証に勝手にされた

世の中にはお金に関して本当にだらしのない人や、家族に迷惑をかけてしまっても何とも思わない人が存在します。そんなまさかと思うかもしれませんが、実際に存在しているのです。そんな人達の中には、勝手に家族や知人を連帯保証人に仕立て上げてお金を借り入れようとしてしまう人もいます。通常正規の届出が出されている消費者金融などでは保証人不要の所も多いです。ですからお金を借り入れする際には自分一人で申し込みをすれば良いのです。ですが法律では総量規制と呼ばれるものが存在しています。これは消費者金融などの貸金業を営んでいる業者は、3分の1の年収までしかお金を貸付する事ができないという規制です。既に年収の3分の1の金額まで借り入れをしてしまっている人は、消費者金融の業者を変えたとしてもそれ以上お金を借り入れする事ができません。そしてその結果、借り入れできるところを探しているうちに闇金業者から借り入れをしてしまう場合があります。闇金業者は国に届け出も出さず法外な利息を利用者から巻き上げている違法業者です。営業方法・金利など、全てにおいて、はなから法律を守ろうとは思っていません。金利がものすごく高いため、10日で元金の3割〜5割程度の利息を支払う事になる場合も普通にあります。返済が滞ると嫌がらせや厳しい取り立てが始まりますし、それが周囲の人にまで及ぶ事もあります。また、時には詐欺や違法行為に使うために銀行口座や利用者名義の携帯電話を脅し取る事もあります。また、利用者を獲得するために正規業者に成りすましてネット上で利用者を募集したり、掲示板などで融資を打診するなど、なんでもかんでもやりたい放題なのも特徴的です。他社への返済に行き詰っている人やお金に困っているけれどどこからも借りることが出来ない人を狙って融資を行い、一気に借金地獄やその他のトラブルに貶めるのが闇金の手口です。闇金は事務所も足が付かないように点々としますし、利用者には連絡用の携帯電話番号しか知らせない事も多々あります。また、銀行口座が凍結されるリスクがあるため、どんどんと振込口座も変更していきます。この際に使われる携帯も口座も他の利用者から巻き上げたものである可能性が高いですし、いずれにせよその入手手段はろくなものではありません。融資の申し込みをすると住所・電話番号・職場の連絡先のほか、連帯保証人を要求してきます。このような場合にお金に困って何としても借り入れをしたい人は、勝手に友人・家族・知人の名前や個人情報を闇金に提出してしまうのです。この時点では借り入れをする人も自分一人の問題として何とか片付けようと考えている場合も多いです。しかし闇金の利息の支払いはかなり過酷なものです。既に正規の業者のどこからも借り入れ出来ない状態になるまで追い込まれている人が、正規業者の何倍もの利息を支払わなければならない違法業者にコンスタントに利息の支払いをしていくことが出来るわけがありません。すぐに返済は滞るようになる事も珍しくないのです。そうなれば闇金は本人に対しても執拗な取り立てと嫌がらせを始めますが、同時に勝手に連帯保証人にされた人の所にも連絡をするようになります。それまで連帯保証人にされた事すら知らなかった被害者はとてもびっくりするはずです。そして本来自分とはなんの関係も無い事で闇金から生活を脅かされる事になるのです。ですが日本の法律は穴だらけです。その場を取り繕うためにとりあえずお金を渡すような行為は自分の首を絞めてしまいます。このような事が発覚した時点で早急に闇金問題を引き受けている弁護士に依頼をし、アドバイスを受ける必要があります。1円すら渡さないうちに相談に行かなければなりません。日本の法律では不当にお金を貸し付けて利益を出そうとする者に関しては元金すら返済する義務はありません。闇金業者にもそれが当てはまりますので、一切返済しないようにしましょう。とはいえ、個人の力ではトラブルの解決は程遠いですから、闇金問題解決実績が多数ある弁護士事務所に相談をするのが一番です。弁護士に相談すると返済口座の凍結や闇金業者との交渉による督促や嫌がらせの停止、支払ったお金の返還請求などを行ってくれます。弁護士が介入すると途端におとなしくなってしまう闇金もありますが、そうではない闇金もあります。中には弁護士が介入してきた時点で電話番号も住所も変えて雲隠れする事もあるのです。闇金問題に詳しい弁護士ならば闇金の手口を知り尽くしていますから、この際の対処なども教えてくれます。勝手に連帯保証人にされて闇金から取り立てが来た場合には、とりあえず一円も払わずにまずは弁護士に相談するようにしましょう。この場合は下手をすれば逆に損害賠償を申し立てる事も可能です。友人・知人に勝手に連帯保証人にされてしまった場合には腹立たしくてそんな気になれないかもしれませんが、家族に勝手に保証人にされてしまった場合には、結局他の家族に迷惑が降りかかる可能性がありますので、闇金から借り入れをした家族を連れて一緒に弁護士に相談にいくのがおすすめです。弁護士費用については分割払いに対応している所が大半ですから、相談に行った際に分割がどこまでできるかを確認すると良いでしょう。複数の弁護士事務所などに相談に行き、そこでこれから行う対応方法を聞いて回りましょう。その中で一番良いと感じた所で依頼をし、闇金と交渉をしてもらうのがベストです。闇金問題を取り扱っていて、それなりに実績がある所に依頼するようにしましょう。