自己破産後、闇金融業者から連絡がきたのはなぜか

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

自己破産をした後大量に闇金からのダイレクトメールや
勧誘の連絡が来ることがありますがなぜなのでしょうか。

 

 

闇金から連絡がくる理由

実は自己破産をしますと官報に自分の名前と住所が掲載されます。

 

これは自己破産をしたという事実を債権者に伝えるために掲載しているだけですので一般の人が見るものではありません。しかし金融業者以外にも違法な闇金もこの官報を見ているのです。

 

 

客に取り込むために

自己破産をしますと長い間正規の金融業者からはお金を借りられなくなります。いわゆるブラック客になり信頼を失ってしまうからです。

 

そういう人を客に取り込むために闇金はダイレクトメールを送り付けて自分のところならブラックでも借りられますという甘い誘い文句で誘います。闇金は正規の金融業でお金を借りられない人のための受け皿的な存在だからです。

 

 

ダイレクトメールが来ても無視

もしも誘われても自己破産をすれば借金もなくなりますしお金を借りる必要もないのでダイレクトメールが来ても無視をすればいいのです。

 

闇金による押し貸しが今問題になっていますが口座番号さえ教えず関わらなければそのような被害にあうこともありません。

 

自己破産後闇金からお金を借りてしまいますとカモと思われ今後もさらにダイレクトメールが来てしまいます。

 

無視し続けていればいずれはダイレクトメールや勧誘の電話も来なくなりますし一般の金融業からも借りられるようになります。

 

一度お金の事で失敗したからこそお金が必要と思っても甘い言葉に惑わされることなく今後は借金をしない人生を心がけましょう。