闇金融の被害に遭わないための対策

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金からの被害に遭わないためには
どうすればいいのでしょうか。

 

 

被害に遭わないために

闇金など利用しなければいいと思われるかもしれませんが堂々と闇金であることを掲げて営業しているところなどありません。闇金のサイトを見てもマイナーな金融業者と見分けがつきませんしかなり巧妙化しています。

 

闇金の見分け方

まず見分け方でオススメなのが許可を取っているかどうかを調べることです。
正規の金融業の場合必ずサイトに番号を掲載しています。これがない場合は闇金とみていいでしょう。

 

 

利息制限法の範囲内に入ってるか

他にも利息が利息制限法の範囲内に入ってるかどうかを確かめてください。十日で一割の場合は確実に違法です。

 

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化

また最近非常に多いクレジットカードのショッピング枠の現金化も実は違法金利と一緒です。こちらは取り立てはありませんがクレジットカードの違法な使い方をしていますのでカード会社に訴えられる可能性もあります。

 

 

友達からの紹介

あと闇金は利用者からの紹介が結構多いので、友達からいい金融会社を紹介してあげると言われた場合も気を付けてください。その方自体も自分が闇金から借りていることに気が付いていないケースもあります。

 

借りてしまうと最後違法金利により返済ができなくなり、完済しようとしても色々な嫌がらせ手段により返済できなくされてしまいます。一生関わらなければいけなくなるのです。

 

 

借りてしまった場合

万が一借りてしまった場合はすぐに法律相談をしましょう、そして借金の契約をなかったことにしてください。契約をなしにしてしまえば利息の返済する必要がありません。