闇金融の手口

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金は借りさえしなければ被害に遭うことはありませんが
あらゆる手口を使って借りさせようとします。

 

その中で多いのが求人広告を使ったものです。

 

 

求人広告を使った手口

求人に応募するということはお金に困っているということ、応募してきた人に対して仕事は紹介せずに闇金の勧誘をする手口もあります。

 

これに関しては契約をしなければいいのですが中には恫喝される場合もあるので注意です。もしも無理に契約させられた場合はすぐに警察に相談しましょう、脅迫による契約は無効にできます。

 

ネットやダイレクトメール

そしてネットやダイレクトメールなどで闇金に勧誘する手口もかなり多いので気を付けてください。ダイレクトメールの場合はあなたの場合いくらまでなら借りられますなど具体的な金額が示されている場合もあります。

 

ネットでもブラックでもオッケーなどの広告がありますがこれらはほとんど闇金ですので気を付けてください。

 

中には正規の金融業でもブラック客への貸し付けをしていることもありますが気を付けるに越したことはありません。

 

 

低金利の闇金

あと最近問題になってるのは驚くほどの低金利で貸し付けをする闇金です、しかし実際にはそんな低金利では貸し付けはしてくれません。

 

低金利で貸し付けをするには別の会社から借りて信頼ができてからと言われます。結果的にそこで高い金利で借りさせられてしまうのです、いくらたっても低金利で借りられません。

 

このような手口にひっかからないために一番重要なのは借金をしないようにする気持ちです。