闇金の嫌がらせ電話対策は簡単に解決できます!

闇金の取り立て方法

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金は銀行などからお金を借りることのできない
ブラックな人でも利用でき、

 

貸付に対する審査も甘いことから気軽に利用できる
反面、法外な金利が設定されています。

 

大抵は10日に1割のトイチと言われるものや、10日に5割というトゴと呼ばれる利息が発生するようになります。短期間で元金を超える利息となるため、借りるのが簡単でも返済が苦しくなるのが闇金の特徴です。

 

利息制限法に抵触する行為

当然ながらこれらは利息制限法に抵触する行為ですが、それを分かった上で貸付を行っていて、大抵は090金融と呼ばれる実態のない企業のため摘発するのも難しいとされます。

 

こうした闇金からお金を借りた人は、正しく返済をしていれば優しく接してもらえますが、少しでも延滞したり、返済が滞ると一転して厳しい取り立てを受けることになります。

 

最も多い取り立て方法は電話での催促で、常識的な時間帯を無視して深夜や明け方など、寝ている時間も関係なく電話をかけてくることが多いです。

 

また、1度や2度ではなく、電話に出るまで繰り返しかけ続けるため、静かに眠ることができません。自宅だけならまだしも、勤務先にまで電話をかけてくることもあるため、周囲から奇異の目で見られることもあるでしょう。

 

 

融資を受ける際に

融資を受ける際には友人や親戚などの連絡先を聞いてくることもあり、この時にうっかり話してしまうと、返済義務のない相手でも連絡をすることがあるようです。

 

被害が自分だけで済むのなら問題ありませんが、周囲にも迷惑をかけることで負い目を作り、無理やり返済させようとするのが闇金の手口となっています。

 

一昔前までは暴力的な取り立てをするのが主流でしたが、最近では取り立てに対する法律が厳しくなっているからか、自宅に押しかける、面と向かって恫喝するといったことはほとんどありません。

 

暴行罪や傷害罪で訴えられると面倒なのが闇金業者でも分かっているので、回りくどい嫌がらせばかりをしてきます。

 

例えば頼んだ覚えのない

 

  • 出前
  • 救急車
  • 消防車の手配
  • 悪い噂を近所に流す

 

といったことをします。
当然ながら証拠を残さないように、それでいて債務者の首を徐々に絞めるような方法で取り立てをしてきます。

 

 

闇金業者が取り立てを諦める方法

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金は死ぬまで借金の取り立てをする
と思われていますが実はそうでもありません。

 

というのも取り立てをするにも人件費がかかるからです。

 

コストがかかった割には返済が無いと赤字が増えるだけですのである条件を満たした場合は完済をしなくても取り立てをあきらめます。

 

 

取り立てをあきらめるケース
闇金業者に利益が生じ、債務者に返済の意思が無いとみなされた場合

利息だけを支払った場合でもそれらは闇金の利益になります。貸した元本の数倍もの支払いをすでにしている場合はもう闇金はもうかっていますので支払う意思がなく逃げ回ったり電話を無視するようでしたらもう取り立ては行いません。

 

ただ少しでも返済する意思を見せるといいカモだと思われてしまうので死ぬまで取り立てされ奴隷にされます。ですのでもうかなり支払ったと自覚しているならその後はもう支払わないと言い切るようにしましょう。

 

脅されたなら警察に被害届を出すといい、強気で対処してください。

 

 

法律家に相談する

その他には法律家に相談するという方法があります。そもそも闇金には借金の返済をする義務は有りませんがそのまま放置していますと嫌がらせを受けます。

 

きちんと法律家に相談すれば法の知識により業者を黙らせることができますし返済もストップします。

 

 

借り入れ額が極端少ない場合

あと借り入れしている額が極端少ない場合も無視し続けていれば諦めてくれる場合があります。

 

闇金では一万円単位での借り入れも可能ですが一万円程度なら取り立てをするほどの金額でもありません、他の大口の債務者から取り立てたほうが効率がいいので諦めてくれます。

 

ただこれは確かな方法ではありません。何度も小口の客に踏み倒されてばかりですと見せしめのために激しい取り立てをされる可能性もあります。

 

 

警察に相談する方法

他にも警察に相談する方法もあります、もしも被害届が受理されますと闇金と言えど逮捕されますので取り立てできなくなります。また逮捕にまで至らなかったとしても警察に相談するややこしい客ということで取り立てを諦めてくれる可能性もあるでしょう。

 

そもそも危険な貸金ですので闇金ではお金を借りないようにしましょう。

 

 

闇金取り立て解決には弁護士相談がおすすめです

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金でお金を借りてしまうと、
返済で苦しむ人が多いと言われています。

 

法的に問題のある金利を採用しているため、
通常なら既に返し終わっていることも少なくありません。

 

返しても返しても借金が減らないので、精神的にも不安定になることもあるでしょう。

 

 

早めに解決

お金を借りたからといって、法的に問題のある返し方をするのはよくないです。無理な返済を続けると、日常生活にも影響が出ることが多いため、早めに解決した方がいいでしょう。

 

もし返済で困っているなら、闇金に強い弁護士に相談してください。借金問題に強い弁護士を探すのは恥ずかしいと感じる人もいるかもしれません。他の人に聞いて回るのが嫌なら、インターネットで専門家を探すといいでしょう。

 

 

インターネットで相談

闇金に強い弁護士の多くは、インターネットでも相談を受け付けていることが少なくありません。

 

弁護士のサイトを読んで、自分が依頼するところを決めるといいです。複数の弁護士サイトを見ると、無料相談があることもあります。もしお金で困っていることをすぐに相談したいなら、無料相談を利用するのもいいかもしれません。

 

闇金が実生活に与える影響は非常に大きいため、できるだけ早く行動しましょう。インターネットなら自分の都合のいい時間帯に相談できるので、仕事が忙しい人でも安心かもしれません。

 

また近所の目を気にして周りに相談できなかった人にもいいでしょう。平穏な生活を取り戻すためにも、闇金に強い弁護士を見つけてください。自分一人で立ち向かうよりも、専門家の力をかりた方が早期解決が期待できます。

 

プロにサポートしてもらえば、長期間苦しんだ闇金への返済が、あっという間に解決することもあるでしょう。

 

お金のことで悩んでいると、正常な判断ができないこともあります。

 

通常なら周りに助けを求める場面でも、精神が不安定だと助けを求めることを忘れることも珍しくないです。他の人に助けてもらうことは恥ずかしいことではないので、早めに助けてもらいましょう。