闇金の嫌がらせ電話対策は簡単に解決できます!

闇金が返済させてくれない時の対処方法

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

金融業者はお金をかして、利息をとることで儲けを出しています。

 

闇金業者の場合、トイチ、トサンといった法外な金利が
設定されていますので、利息の利益も膨大になります。

 

トイチというのは、10日で1割という意味なので、10万円を借りたなら10日で1万円の手数料がとられてしまいます。

 

 

闇金業者の手口

闇金業者のような犯罪組織は、いつまでも営業を続けているというわけにはいきません。なぜなら、彼らのやっていることは犯罪ですので、いずれは警察に捕まってしまうからです。

 

ある程度の利益を出したらお店をたたんで逃げるのが犯罪組織の手口です。

 

そのため、犯罪組織は短期間の間に利益をあげてしまわなければなりませんので、あらゆる手段を使ってお金を搾取しようとしてきます。その手段の1つとして、お金を持っていそうな客からは、返済をしてもらわずに利息だけを取り続けるということがあります。

 

 

返済させない手口
取立て屋が直接お金を回収しにくる

現在は基本的には口座振込みで返済するようになっていますが、口座番号を教えずに、取立て屋が直接お金を回収しにくるケースですと、利息だけを受け取ってそれ以上のお金はもらわずにかえっていくということがあります。

 

口座振り込みの場合

また、口座に振込みをしても、口座が間違っていたとか、振込みが確認できないなどと嘘をつかれて、返済をしたのになかったことにされるというようなこともあります。

 

闇金というのは犯罪組織であり、自分たちがやっていることが犯罪であることを認識した上でやっているので、あらゆる違法な手段を使ってきます。普通の人間関係なら、誠意を見せていれば相手もそれに答えてくれるものですが、相手が犯罪者である場合には逆効果となります。

 

しかし、だからといって犯罪組織に個人で立ち向かおうとするのは無謀ですし、リスクが高いです。警察に被害届を出すことはもちろんですが、闇金に強い弁護士に相談をして、力を借りるようにしましょう。

 

弁護士はあなたと利害が一致しているので、全力で力になってくれるでしょう。

 

 

闇金の被害例

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

手元にお金がなく、誰かからお金を借りた
と考える人もいるかもしれません。

 

一時的に苦しくても、
できるだけ借金はしないようにしてください。

 

どうしてもお金を借りないといけない場合は、信頼できる相手に借りるようにしましょう。

 

金銭的なことでトラブルにならないためにも、普段から貯金しているといいです。借りる相手が悪質な人だと、自分の人生が破壊されることが多いので気をつけてください。

 

 

困っている人の弱点をついてくる

お金を借りる相手がいなく、闇金を利用して苦労している人は多いです。簡単に融資しますという言葉を信じて申し込みをしたら、返済能力を確認したいということで宣伝文句の金額よりも少ない額を渡されることもあります。

 

その金利が高いため、最初に借りた1、2万円が、数十万円払っても返しきれないことも多いです。何十万も払っているのに数万円の返済が終わらないとなると、生活も苦しくなるでしょう。

 

闇金は困っている人の弱点をついてくるため、利用しないようにしてください。

 

 

返済ができないから困る

返済ができないから困ると考える人もいるかもしれません。ですが闇金で借りた金額を払い終わったとしても、トラブルは生まれつづけます。

 

一度借金をした人の名簿が他の業者等に売られることが少なくないため、様々なところから勧誘が来ることが珍しくありません。勧誘を断っても、別の業者からありもしない借金の返済を迫られることもあります。

 

債権を買ったらお金を返せと嘘をつき、日常生活を破壊しにくることも珍しくないです。一度目をつけられると、普通の生活が難しくなることが多いでしょう。

 

全額返したら問題ないと考えている人は、闇金への理解度が足りないかもしれません。借金をした人はその後も狙われることが多いため、安心できないでしょう。お金のことで困っても、闇金を使わないのが一番いいです。

 

自分が将来困らないためにも、お金を貯めてください。

 

お金はトラブルを生むことが珍しくないため、貸し借りは控えた方がいいかもしれません。