闇金の嫌がらせ電話対策は簡単に解決できます!

街金は安心?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

街金とは大きな街の範囲内でお金を貸し出している人、
または会社のことを指しています。

 

規模はそれほど大きくなく、会社や事務所が
街中にあることから「街金」という呼び名になったそうです。

 

消費者金融を営んでいたり、商工関係でローンを組んでいる人も含めた小規模業者をメインターゲットにしています。

 

 

これまでの印象

これまでは、この仕事は「借りるための審査は抜けやすいが、そのぶん利息や利子が高い」と言われていたため、普通の人は利用しにくいと思われていました。

 

しかし2007年に貸金業に関する法律が見直されたことで、今までは可能だった、法律で決められていた利息・利子の上限以上を貸し付けることが違法行為と見なされることになりました。

 

その結果、辞める会社が多くなり、数が減少したのです。

 

お金を貸し借りする時は、事務所で直接取引をするか、指定した口座に振り込みをするやり方が多いようです。

 

街金は借りてから返すまでの期間が短めで、支払われる金額が多めに設定されている分、利息や利子も大手会社より高額になっているところが珍しくありません。

 

そして街金の中には使い道や調達先が明らかにされていないお金を貸し付けた上で、高い利子・利息を取っている会社がたまに混ざっています。

 

貸金業としての届けを国や都道府県に提出していない、ヤミ金と同列のものも存在するので、安易に利用するのは避けた方がいいでしょう。使いたい時は、あらかじめ貸金業界が設立している協会に加わっているかどうかなどを調べておくことが大事です。

 

 

街金のメリット

街金だと、複数の借款を抱え込んでいたり、すでにブラックリストに載っている人でも、借りたい金額を控え目にすれば借りられる可能性があります。もちろんこの場合は大手であることは関係ありません。小〜中規模の金融会社で借りるといいでしょう。

 

特に「街金融」と呼ばれている、地域と深く関わっているようなところは有名会社と比べれば人気はありませんが、訳ありの人からは愛用されていたりします。

 

利用者には自己破産をしてしまった人や、借りられる限界まで借りてしまったために普通の会社では受け付けてもらえなくなった人などが多いですね。大なり小なり、何かしらの問題を抱えている人はどうやら街金融に駆け込むようです。

 

審査が通る確率もずば抜けているため、早急にお金が欲しいという人には大助かりなのでしょう。

 

一度に100万などといった大きすぎる金額は無理ですが、30万以下なら問題ないようです。1〜10万程度なら本当に軽く手に入るので、少しお金が必要だという主婦の方が、生活費を賄うために使うこともあるそうです。

 

時間もお金も余裕がない人にとって、街金融は有り難いのだとネットでも評判となっています。