闇金の嫌がらせ電話対策は簡単に解決できます!

街金の取り立ては厳しい?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

街金の借金の取り立て方法は、他の金融会社と同じになります。

 

期限を過ぎてもなかなか返してくれない時でも
職場に催促の連絡を入れたり、

 

家族と暮らしている場合でもそちらに請求するようなことはしていません。

 

あくまでも借りた本人に対して電話をかけたり通知を送ったりするだけで、その際もいつ、どのようにお金を返してくれるのかという相談をするだけです。

 

 

無視し続けていると?

だからといって、あまりにも無視し続けていると、会社側が法的な措置をとります。これはたとえ金融会社でなくとも、銀行や信用販売を行っている会社から借りた場合でも変わりません。

 

最後には強制執行となってしまうので、もし取り立てに関する連絡を何かしらの形で受けていたら、返せる見込みがなかったとしてもきちんと対応するようにしましょう。

 

 

連絡の取り方

連絡の取り方ですが、借りた人宛てに電話がかかってくるか、書類が送られてくるかのどちらかが多いです。気まずいからといって、無視を決め込んではいけません。気まずくてもちゃんと応じましょう。

 

会社側も、なるべくなら穏便に事を済ませたいのです。とはいえ長い間返さずに放置しておくと、事故歴がついてしまいます。のんびりし過ぎてもいけないので、早めに解決するように話し合いをしましょう。

 

街金はそれぞれの事情を考慮してくれますから、どうやったら全部返せるのか、返済プランを練ってあるのならそれを伝え、今のところ無理そうなら素直にそう言い、何か良い方法がないか考えましょう。

 

一番まずいのは「連絡しないこと」ですからね。

 

 

対応の仕方

やり方のひとつとしては、返せるのは期日を過ぎてからになりそうだということが分かった時に、それを避ける目的で、別のところからお金を借りることです。しかしこれは雪だるま式に借金が増えるだけで終わる可能性が高いです。

 

もうひとつは、お金を借りた会社に、前もって「このような理由があって期限には全部返せない。だけどいつまでに、いくらなら払える」と、返す意思があることを自分から伝えることです。これなら会社側への印象も良いものになります。

 

この2つの方法は、どこで借りたとしても通用します。

 

お金が借りたくても借りられないと悩んでいる方、他の会社の審査に落ちてしまった方、現在借りられそうなところを探している方などは、比較的審査を通過しやすい小〜中規模の金融会社を利用するのをおすすめします。

 

どこが最適なのかをすぐに知る手段はいくらでもありますから、お急ぎの方はまず相談してみて下さい。