闇金の嫌がらせ電話対策は簡単に解決できます!

サラ金と闇金の違い

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

サラ金・ヤミ金・消費者金融の具体的な違いを御存知ですか?

 

どれもお金を借りることが可能ですが、
返せないと恐ろしいことになるというイメージがありますよね。

 

ですが前者2つはともかく、消費者金融に関しては、正しく使えば怖くありませんよ。
まずはそれぞれの違いについてご説明します。

 

 

消費者金融

消費者金融は決められた法律の通りにお金を貸してくれる場所(名が知られているのはアコムやプロミスなどですね)。街金は規模が小さくなった消費者金融。

 

サラ金は消費者金融のかつての名称。

 

ヤミ金はトイチ(10日で1割の利子が付くことです)でお金を貸すなど、明らかに法外な要求をしてくる場所です。簡単に言うと犯罪者です。法律を守っているか、そうでないかの差ですね。

 

決して消費者金融=ヤミ金というわけではないのです。

 

 

グレーゾーンの立場

なお街金はどちらにも属さない、グレーゾーンの立場であることが多いようです。きちんと法律に従っているところもあれば、ヤミ金とほぼ変わらない貸し方をしているところもあるため、安全か否かを上手く見極める自信がないのなら利用はおすすめしません。

 

 

有名会社なら銀行と同じ?

以上の説明で、消費者金融は合法的に、ヤミ金は違法でお金を貸してくれるというのは分かりましたね?

 

しかしいくら法律があるとはいえ、本当に安全なのかという懸念もありますよね。実際、小〜中規模の会社になると、表向きは大丈夫そうに見えても、いざ借りてみるとヤミ金と大して変わらない、ブラックな会社だったりすることがあります。

 

ですがアコムやプロミス、アイフルなど誰もが知っている有名会社なら、銀行と同じようにビジネスとして取引してくれます。

 

 

マイナーな会社の場合

名前すら知らないマイナーな会社だったとしても、夜更けになるとパンチパーマの男性が家を訪ねてきたり、何度も何度も着信が入っていたり、最悪コンクリートと一緒に海に沈められるなどといったことはありません。

 

とはいえ法律違反をしているヤミ金の場合、力尽くや暴力沙汰に近い取り立てをしてくる可能性が高いです。下手をすると何処かに無理矢理連れて行かれ、逃げられなくなるという目に遭う可能性もなきにしもあらずです。

 

ですから自分の命が惜しいのなら、どんなに切羽詰まっていたとしても、ヤミ金は絶対に使ってはいけません! それは犯罪者からお金を借りているのと同じことです。

 

一番良いのはお金を借りるような状況に陥らないことですが、どうしようもなくなったら、ヤミ金ではなく消費者金融に頼りましょう。

 

また、闇金に借りてしまった、既に闇金から抜出せなくなっているなどでお悩みの方はすぐに、弁護士の無料相談を利用しましょう