脅迫電話への対応方法

闇金からの脅迫電話対応方法

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金は、賃金業法の規制に従わずに、
法外な利子で貸し付けを行います。

 

しかし法令を守って営業許可を受けた消費者金融で借りるとなると、条件や審査も厳しく、結局闇金に頼りざるを得なくなる人が増えています。

 

 

優しいのは最初の頃まで

闇金は、最初の頃こそ気軽に借りることができますし、返済期日なども融通を利かせてくれる場合があります。

 

けれどそれは借入額や金利を増やすための手口になります。

 

優しいのは最初の頃までで、借入額が大きくなってきたり、返済が滞ってしまったりすると、違法な取り立て行為などを行い始めます。

 

 

違法な取り立て行為

まずは電話などを時間帯問わずにかけてきたり、自宅などにおしかけてきたりするケースもあります。

 

しかし律儀に対応しなければならないわけではありません。法外な金利で借入額が増えていき、気づくと利息のみを返済しており、元本が減らないという事態になりかねません。

 

いくら借りている身としても、これは立派な違法行為にあたります。そもそも賃金業者の届け出をしていないわけですし、返済義務はないものになります。

 

 

電話がかかってきた場合

こういった点を踏まえて、闇金から取り立ての電話がかかってきた場合は、きちんと対応することが大切です。

 

過去には、借りた元金も含めて、違法な闇金には返済が不要という判例もあります。そのためもし闇金から電話がかかってきたら、払う義務がないということを念頭において電話対応をしましょう。

 

一番良いのは、弁護士に電話対応をも任せることです。法律の知識を持って、対応することができますので、すぐに追い払ってもらえるでしょう。