闇金嫌がらせ

ブラックでもお金が借りれる個人間融資とは

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

「ブラック」と呼ばれる状態になると、一般的な貸金業者から
お金を借りることが非常に難しくなってしまいます。

 

「ブラックだから絶対に借金が出来ない」
と言う訳ではありませんが、

 

そのハードルはブラックではない状態と比べると
圧倒的に高くなってしまうことは避けられません。

 

 

様々な危険が潜んでいる消費者金融系カードローン

一般的に借りやすいと言われている「消費者金融系カードローン」であっても、ブラックの状態では借入れが難しくなります。

 

そのためいわゆる「個人金融」や「掲示板金融」と呼ばれるものに手を出してしまうことが増えやすいのですが、ここには様々な危険が潜んでいることはしっかりと認識しておくことが重要です。

 

これらの方法は、正規の貸金業者を介して行うものではない為、形態としては「個人間融資」になります。

 

正式に許可を受けた貸金業者を利用する場合、法律的に一定の保証がある状態で借金をすることが出来ますが、個人間融資の場合はそういった保険が何もない状態で借金をすることになります。

 

 

法的には不可能な契約となる可能性

要は「友達や家族からお金を借りる」ことと同じ状態になる為、法的には不可能な契約となる可能性が生まれます。

 

通常、個人間融資の場合であっても法律を遵守した契約内容で借金をすることになるだけでなく、

 

金利などの取り決めがない場合は非常に低い金利で契約することが出来ますが、個人間融資を営利目的で行っている人や業者は「非常に違法性が高い契約内容」での融資を斡旋してくる可能性が高くなります。

 

「闇金は利用してはいけない」と言うことが理解できていたとしても、お金に困っている状況であれば止むを得ず利用してしまうことが多いことと同じで、

 

「限りなく闇金に近い、もしくはそれ以上の法外な契約内容になっていても契約してしまう」
と言うことが増えるので、最終的に非常に大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

 

 

個人間融資の場合

個人間融資の場合、通常の貸金業者が行うような審査方法をとらないことが多いです。

 

例えば、通常ならば申込者の年収や勤務先への在籍確認を行って最低限度の保証を得て、その上で個人信用情報機関の情報をチェックして融資を決定すると言った流れで契約の可否が決まります。

 

ですが、個人間融資の場合は「事前に何らかの担保を提示して借金をする」という状態になってしまう他、万が一返済が出来なくなってしまった場合には途方もない対価を払わされる可能性があります。

 

確かに、他からは借金が出来ない状況で闇金業者ではないという理由からこれらの方法を選択してしまう気持ちも理解できないものではないかも知れません。

 

ですが、その結果としてどのような状況になる可能性があるのかということは確実に把握しておかなければいけません。

 

むしろ、法外な金利や悪質な取り立てを行っている闇金業者であったとしても、ある程度法律的な保護が見込める状況で借り入れをした方が良いと言えることも少なくありません。

 

 

善意に基づいてそうした活動をしている場合

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

ただし、個人間融資を行っている人や企業の中には、

 

「善意に基づいてそうした活動をしている」
という場合も少なくありません。

 

個人間融資の全てがリスクが高いと言う訳では無く、

 

その中の一部に存在している悪質な個人間融資を
行っている人・企業だけを避けることが出来れば、ブラックでも借金が出来る方法としては非常に有益な選択肢となり得ます。

 

 

よくある契約までの流れ

よくある契約までの流れは、インターネット上の掲示板などで希望者を募り、希望者に対していくつかの調査を行った後に融資を決定するというものです。

 

最低限度の情報として、氏名・年齢・住所・勤務先などの情報を提供します。

 

とは言え、これらの情報は正規の貸金業者を利用する場合であっても提供しなければいけないものになるので、「勤務先を聞かれたから悪質な個人間融資かもしれない」と思う必要はありません。

 

個人間融資で借りられる金額は大きな差がありますが、その多くは5万円以下などの少額融資です。

 

貸す側にとっても大きなリスクが伴う行為である以上、高額な融資が実現できる可能性はあまり高くはありません。

 

少額の融資を何度か繰り返していき、双方の信用が高まった後に高額融資が利用できるようになる
という可能性は十分にあり得ます。

 

 

とにかく利用してみようは危険

とは言え、相手がどの程度信用できる人・企業なのかということは簡単に調べることが出来ないことも多く、「とにかく利用してみよう」という判断は最悪の事態を招きかねないので危険です。

 

そうであるならば、即日融資を利用することは出来なくなってしまいますが「公的資金」などを利用した方が賢明と言えます。

 

例えば、各自治体に設置されている社会福祉協議会には「緊急小口資金」という融資が存在しています。

 

5万円〜10万円が上限となっていることが多く高額融資は見込めないこと、融資決定までに1週間程度の期間が必要になることなどの使いづらさはありますが、

 

公的な資金としての借入れになるので返済は非常に楽です。

 

金利も1%程度と低いので、少額で事足りるような状況であればこういった方法を選択する方法もあります。