闇金嫌がらせ ブラックリスト掲載でもお金を借りる

ブラックの人がお金を借りる方法とは?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

ブラックの人とは

ブラックリストに名前が載っている人のことですが、

 

それは要するに、金融事故を起こしてしまって信用情報機関に
事故情報が記録されてしまっている人のことです。

 

実際にブラックリストという名前のリストがあるわけではなくて、あくまでも例え話のようなものです。

 

その点は誤解しないようにしましょう。

 

 

債務整理をしてしまったような人のこと

いずれにしてもブラックの人とは、借りたお金を返せなくなって債務整理をしてしまったような人のことですから、金融機関からの信頼はガタ落ちです。

 

ですから銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどに申し込んでも、審査に通る可能性は0%と考えて間違いないでしょう。もちろん、クレジットカードも利用できません。

 

 

ブラックの期間

しかし金融事故を起こしてしまってブラックになっても、永遠にブラックの状態が続いてしまうわけではありません。

 

つまりリストに名前が載るといっても、それは限られた期間だけだということです。
ただし具体的にどれくらいの期間なのかは、一概には言えません。

 

どんな種類の債務整理の手続きを行ったのか、その金融事故でどれくらい迷惑をかけてしまったのか、その他、様々な事情によって期間は微妙に変わってくるのです。

 

しかし一般的な目安を言うなら、最低でも5年以上、最大なら10年くらいの期間ではないかと言われています。

 

とにかく、その程度の期間を真面目に過ごせば金融機関からの信頼も回復できるようになり、再びカードローンやキャッシングも利用できるようになるのです。

 

ですから、それまでは日常生活の中でも色々と不便なこともあるでしょうが、リストから名前が消えてくれるまでは頑張るしかありません。

 

 

ブラックの人はお金を借りれる?

それゆえにブラックの人が金融機関からお金を借りるというのは、常識的に考えれば難しいということになります。

 

実際に銀行や消費者金融などに申し込んでも借り入れは難しいことでしょう。

 

しかし、だからといって100%絶対に全ての金融機関から借りられないと断言することも出来ないでしょう。

 

確かに銀行や大手の消費者金融では不可能だと言えるでしょうが、それでも中小零細の貸金業者なら、貸してもらえる可能性もあると考えられます。

 

実際にインターネットで調べてみると、「ブラックの人でも借り入れ可能なキャッシング」などという情報もあります。

 

ですから大手の有名な消費者金融ではどこも貸してくれないとしても、中小零細ならば貸してくれる可能性は若干はあることでしょう。

 

確実に借り入れできるという保証はありませんが、少なくとも探してみる価値はあると言えるでしょう。

 

ただし無名の小さな貸金業者から借り入れを行う際には、闇金などに騙されないように気を付けなければなりません。

 

 

無名の貸金業者に紛れ込む闇金

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

闇金とは無名の小さな貸金業者の中に紛れ込んでいて、
お金に困っている人を騙そうと思って待ち構えているのです。

 

ですから大手の消費者金融などから断られて
困り果てているような人などは、

 

闇金にとっては願ってもない最高の獲物なのです。

 

それゆえ死ぬほどお金に困って崖っぷちに立たされているとしても、闇金だけには絶対に手を出してはいけないのです。

 

 

闇金と正規の業者との違い

ちなみに闇金と正規の業者との違いは、金利を事前に確認すれば一目瞭然です。

 

正規の業者ならば、数万円程度であれば実質年率20%以内で借りられるはずです。それが法律上の上限金利なのです。

 

しかし闇金では1000%を軽く超えるような法外な高金利ですので、そんな借り入れは絶対にしてはいけません。

 

ですから金利を曖昧にしている説明不足な業者なども、たとえ融資してくれると言われても安易に借りてはいけません。

 

そんな業者は、まずは闇金を疑いましょう。

 

そして安全が確認できないなら、断固として断って速やかに退散しなければなりません。

 

確かに闇金と正規の業者の中間のようなグレーな業者もいますが、グレーであっても利用しないほうが無難と言えます。

 

 

闇金は貸金業登録番号を持たない

それから貸金業者には貸金業登録番号が交付されていますので、その番号を確認するのも一つの方法です。

 

しかし悪質度の高い闇金なら、貸金業登録番号を平然として偽造する場合もあります。

 

ですからグレーゾーンな業者だと感じた場合は、安全な業者だと自信が持てない限りは利用しないほうが良いでしょう。

 

 

大手に負けない質の高いキャッシング・サービス

ただし無名の小さな貸金業者の中にも、大手に負けない質の高いキャッシング・サービスを提供している業者もあります。

 

たとえ小さな業者でも創業から10年以上も長く頑張っているとしたら、そんなキャッシングならば信頼できると判断しても良いでしょう。

 

しかし、どんな業界の企業であったとしても、優良企業を見つけ出すのは決して簡単ではないものです。

 

ですから探してもなかなか見つからない場合は、実家に帰って親などの身内に頭を下げて借金をお願いしたほうが早いかもしれません。

 

いずれにしてもお金を借りる方法としては、金融機関だけが唯一の選択肢であるとは限りません。

 

身内などからの借金も有力な選択肢の一つであることは間違いないでしょう。