闇金嫌がらせ 債務整理をしても借りれる消費者金融

債務整理をしても借りれる消費者金融はあるの?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

債務整理をするとブラックリストにのることになるので、

 

一般的には5〜7年はクレジットカードを利用したり、
消費者金融でお金を借りることはできない

 

と言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

債務整理と一口に言ってもいくつかの種類があり、それによっては内容も大きく異なります。

 

 

任意整理について

まず、裁判所を通さずに直接に金融業者と債務の減額について交渉する任意整理についてです。

 

任意整理とは、任意に整理する債務を選択できるというもので、例えば、保証人が付いている債務だけを残して、それ以外の債務を整理するというものです。

 

つまり、保証人が付いている債務については、そのまま残して返済を続けますので、それまで同様に利用することが可能です。

 

しかし、任意整理したという事実は5〜7年間は個人信用情報に記録として残りますので、その間は新規で消費者金融を利用するのは難しくなります。

 

ただし、任意整理の一種である過払い金返還請求については、既に完済済みのケースや返還金で完済できるケースでは個人信用情報に記録が残ることはありません。

 

任意整理をしたという事実が記録されるのは、返還金がある場合でも借入残高が残る場合となります。

 

 

個人再生について

次に、裁判所に申し立てを行う個人再生についてです。

 

個人再生とは、住宅ローンがあるケースなどで、自宅を手放さないで済むように住宅ローンのみを残して、それ以外の債務を5分の1程度に圧縮するという債務整理方法です。

 

この場合には、住宅ローンについてはそのまま返済を続けていきますが、それ以外の債務は5分の1に圧縮されたうえで3〜5年内に完済することとなります。

 

従って、個人信用情報に5〜7年間は記録が残ることになります。

 

さらに裁判所を経由しますので官報に氏名と住所が掲載され、官報の記録は10年間保存されることから5〜10年間は消費者金融を利用するのは難しくなります。

 

 

自己破産の場合

同様に、究極の債務整理といわれる自己破産の場合は、個人再生と同様に裁判所に申し立てを行います。

 

そして、裁判所から返済が不能な状態であると認められると免責が決定してすべての債務が帳消しとされます。

 

自己破産の場合にも個人再生と同じように、個人信用情報に5〜7年、官報の記録が10年保存されますので、5〜10年は消費者金融やクレジットカードを利用することが難しくなります。

 

 

このように、基本的には、債務整理をしたという事実が、個人信用情報には5〜7年、官報の記録として10年間残ります。

 

ですからその間に新たに消費者金融やクレジットカードを申込んでも、審査の段階で個人信用情報がチェックされますので、その段階で審査落ちになる可能性が極めて高くなるということです。

 

 

自己破産のレアケースとは?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

しかしながら、レアケースではありますが、

 

究極の債務整理である自己破産をしたにもかかわらず、
5年たたないうちにクレジットカードや消費者金融の審査に
通っている人たちも存在しているのです。

 

もちろん、審査を行わない闇金融ではなく、認可を受けている正式な金融業者の審査です。

 

これまた、当然ですが、個人信用情報はしっかりとチェックされたうえで、最終的に契約を結んでいるのです。

 

 

審査基準が問題

これらのケースでは、審査基準が問題となります。

 

つまり、例えば、大手の消費者金業者などの場合には、債務整理という事実が個人信用情報に記録されるだけで自動的に審査落ちとなるでしょう。

 

ですが中には、過去の債務整理という事実よりも、現時点での返済能力により重きを置いて審査判断している金融業者もいるのです。

 

考えたかとして、過去に債務整理のない収入が不安定な人よりも、数年前に自己破産をしていたとしても、そこから完全に立ち直り今では安定して高収入を取り続けている人に融資をしたいということです。

 

 

数年で復活するというのは優れているから

人間だれしも1度や2度の過ちがあるのが当たり前ですし、そこから数年で立ち直り復活するというのは非常に優れている人であると判断することもできるのです。

 

もちろん、このような考え方は大手業者ではそれほど行われません。

 

特に、日本の大手業者の場合には審査が自動化されていることも多いため難しいでしょう。

 

このような考え方をするのは、外資系の金融業者や比較的小規模な消費者金融業者の場合がほとんどです。

 

地方密着型の消費者金融業者などにも多いと言えます。

 

 

独自の審査基準を設ける金融業者が増えてくる?

もちろん、今のところはレアケースですが、毎日驚くほど大勢の人たちが債務整理をしているという事実からすると、今後は、このような独自の審査基準を設ける金融業者が増えてくるものと思われます。

 

また、債務整理をする人たちというのは、比較的優秀な方々が多いというのも事実ですから、実際に早い段階で復活を遂げ再び高収入を得るようになる人も多くいるわけです。

 

復活したからと言って、直ぐに消費者金融を利用する人も少ないでしょうが、クレジットカードについてはできれば所有したいものです。

 

デビットカードが使えるようになったとはいえ、クレジットカードの利便性に追いつくにはまだまだ時間がかかるでしょうから。