闇金嫌がらせ

お金が必要なのに審査に落ちて借りれない時の方法

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

世の中には多目的ローン商品を取り扱っている
金融機関は沢山あります。

 

たとえばお馴染みの銀行ならばカードローンが有名ですし、
消費者金融にはキャッシングがあります。

 

それらは申し込みも審査も比較的簡単であり、無事に審査に通りさえすれば、ある程度の金額のお金なら借りられるのです。

 

 

誰でも絶対に審査に通るのか?

ただし審査は比較的簡単だとは言っても、それでも誰でも絶対に審査に通るとまでは言えません。

 

確かに平凡な年収の平凡な社会人で特に借金問題など無ければ、その人には人並みの属性の高さがあると判断できますので、平凡なローン商品の審査なら問題なく通ると断言しても差し支えはないでしょう。

 

しかし年収が平凡以下で少し借金を抱えているような人であれば属性も低いと判断されてしまいますので、審査に通らない可能性が出てきてしまうのも事実です。

 

 

審査に関する属性とは?

ちなみに属性というのは、その人の経済力や信用力などを知る上で必要となる個人情報のことです。
たとえば、

 

  • 年収や借金の有無
  • 勤続年数や住居年数
  • 自宅は賃貸か持ち家か

 

など、その他にも色々な情報があります。

 

とにかく、属性が低い人ほど審査に通らない可能性は高くなってしまう傾向があるのです。

 

 

銀行は難易度が高い

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

特に銀行ですと、数ある金融機関の中においては
審査の難易度は比較的高いですので、

 

大手都市銀行はもちろん地方銀行やインターネットバンクでも、

 

属性の低い人にとってはカードローンの審査は
決して簡単とは言えないのです。

 

 

信用金庫の場合は?

また、銀行とよく似た金融機関である信用金庫などでも、やはり審査の難易度は比較的高いですので、属性が低いと審査結果は心配になるでしょう。

 

更には比較的審査の難易度は低いとされている消費者金融などの貸金業者でも、業界大手の有名な一流大企業ほど、審査は簡単ではなくなります。

 

大企業は中小零細企業よりも原則通りに審査を行いますので、融資申請してくる人たちの個々の事情などは、基本的に考慮してくれません。

 

ですから同じ貸金業者と言えども、大企業ほど審査の難易度は高くなると考えられるのです。

 

 

比較的融通が利く中小零細の貸金業者

その点、中小零細の貸金業者は比較的融通を利かせてくれるものです。ですから大企業のように四角四面に審査を行うのではなくて、個々の事情を少しは考慮してくれることも期待できるのです。

 

すると、その分だけ結果として審査の難易度が低くなってくれるというわけです。

 

ですから、お金が必要なのに審査に落ちて借りれない時は、銀行や大手の消費者金融のローン商品に申し込むのではなくて、中小零細の貸金業者に申し込むようにすると良いでしょう。

 

そうすれば、大企業に申し込む時より審査に通る確率は少しはアップするはずです。是非、試しに申し込んでみましょう。

 

 

複数同時申し込みはしてはいけない

ただし試しに申し込むとは言っても、一度に複数の業者に申し込んではいけません。

 

複数同時申し込みなど行うと、「このかたは何か特殊な事情を抱えていて、非常にお金に困っているようだ」などと金融機関から警戒されてしまいます。

 

すると審査に通る確率は間違いなくダウンしてしまうのです。

 

金融機関には信用情報機関との繋がりがありますので、そのような複数同時申し込みの情報などは自動的に入手できるのです。

 

 

手頃な業者を選ぶ時の注意

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

それから特に注意しなければならないこととして、

 

中小零細の貸金業者の中から手頃な業者を選ぶ時には、
闇金に引っ掛からないように気を付けることです。

 

闇金とは貸金業者として正式な認可を受けていない業者です
ので、正確に言うと貸金業者ではありません。

 

単なる犯罪者なのです。

 

しかし見かけは高利貸しのように融資に応じてくれますので、つい手を出してしまうこともあるのです。

 

 

単純に利子が高いだけではなくて悪質

しかし高利貸しのように単純に利子が高いだけではなくて悪質ですので、一度借りてしまうと骨の髄までしゃぶり尽くされてしまう危険があります。

 

それゆえ、たとえどんなにお金に困っていたとしても、闇金だけには絶対に手を出してはいけないのです。

 

正規の貸金業者は認可を受けているので、貸金業登録番号を持っています。ですから貸金業登録番号を持っている業者だけから借りるようにしましょう。

 

また、番号は持っているようだけれど何だか怪しい業者だと感じる時は、その番号が本物かどうか金融庁の公式ホームページなどで確認しましょう。

 

そして闇金の疑いが濃厚であると判断したら、絶対に電話もメールもしてはいけません。

 

下手に連絡すると自分の連絡先を握られてしまいます。

 

すると後日、どんな酷い目に遭わされてしまうか分かりません。

 

 

小さな金額でも借りてはいけない

とにかく金欠のピンチというものは、誰にとっても非常に苦しいものです。

 

ましてやカードローンやキャッシングに申し込んでも審査に通ってくれないとなると、尚更苦しくて辛いことになってしまいます。

 

しかし、闇金に手を出せば犯罪被害に遭うわけですから、もっと辛くて苦しいことになってしまうのです。ですから怪しいと感じた業者からは、たとえ数万円程度の小さな金額でも借りてはいけないのです。

 

借りる時はたったの数万円でも、返す時は利子の分のお金だけしか受け取ってもらえないので元金は減りません。

 

すると永遠に利子だけ取られ続けることになってしまうのです。