ブラックでも借りられると評判のアルコシステムは闇金?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

お金を借り入れている方で返済が滞っている場合や
携帯電話の料金などの支払いは出来ないでいると、

 

いわいる金融事故として扱われる事になります。

 

このような状態の人を一般的にブラックという言い方をしています。

 

従って、仮に多重債務の状態でも、毎月何とか返済を行っている場合にはブラックという扱いにはなりません。

 

 

一般的にブラックとして

一般的にブラックとして信用情報機関に登録をされているのは、延滞の他にも、
代位返済をはじめ自己破産や債務整理なども該当します。

 

このようなブラックとして情報があると、住宅ローンなどのローンだけでなく、
消費者金融や銀行などのカードローンの審査においてもかなり厳しい状況だといえます。

 

世間ではブラックでもOKなどという宣伝文句で融資を行っている企業もありますが、

 

中には闇金と呼ばれるような不当な利率の貸し出しを行っていたり、
保証料という名目で借りたいお金の額の何%かの手数料を取り、
実際にはお金は貸してくれないというような詐欺まがいの企業があるのも事実です。

 

 

アルコシステムは比較的審査に通りやすい

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

そんな中でブラックでも比較的審査に通りやすいと

 

評判のアルコシステムは実際の所は闇金なのか、
正統な消費者金融なのかという疑問もあると思います。

 

答えから言えば、アルコシステムは正当な消費者金融として
企業活動をしている企業になります。

 

きちんとした消費者金融の証拠として賃金業にしっかりと賃金業登録をされている会社ですし、
昭和58年の創業以来30年以上続いている企業ですので、
それなりに消費者金融の企業として信頼を得ていると判断ができるのではないかといえます。

 

実際に賃金業法が改正になって総量規制や利率の問題が出来てからは、
多くの中小消費者金融が倒産をしている状況の中でしっかりと運営ができているというのは、
健全な企業の証拠にもなります。

 

 

正統な消費者金融

アルコシステムが正統な消費者金融である事から、ブラックでも借りられるという言葉は間違ってはいません。

 

実際にブラックの状態でも審査を通過する事も可能になっていますが、
だからと言って誰でも審査に通るという訳ではありませんし、条件もきちんとした条件があります。

 

まず、消費者金融なので総量規制の対象になる事を理解しなくてはいけません。

 

よくブラックが大丈夫となると多重債務者でもOKという認識をしてしまう方もいるようですが、
ブラックと多重債務者は全く違う扱いになるので注意が必要です。

 

 

多重債務者とは

多重債務者は多くの借入金はありますが、延滞などの金融事故はないので、
ブラックにはなりませんが、総量規制の対象で難しくなるケースが多くなる事が予想されます。

 

従って、多重債務者の方は、諸費者金融か銀行や信用金庫などで、
総量規制対象外の扱いになっているおまとめローンなどを利用する事が基本になります。

 

 

アルコシステムの利用限度額

次に、アルコシステムでは利用限度額は50万円までになっています。
利用限度額が低めに設定されているのは、ある意味納得をしなくてはいけません。

 

仮にも過去に延滞や債務整理などをおこしている人の場合には
お金に関しての信用はないと言っても過言ではないので、

 

貸す側としても最低限のリスクを覚悟で貸し出すわけですから、
限度額は低くなるのは当然の事として受け止めるべきです。

 

 

アルコシステムの審査

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

アルコシステムは消費者金融ですから、

 

審査も通常の消費者金融のローンとさほど変わらない
内容になります。

 

まずは、申し込みをすると第1次審査として、

 

記入されている内容を元に信用機関の情報などを確認しながら合否の判定をします。
ここで審査に通ると第2次審査になり、在籍確認や申込者に対しての質問や確認などを電話で行います。

 

つまり、第1次審査で通過をしているのであれば、嘘の情報を記入していたり、
不誠実な対応をとったりしなければ、かなり可能性が高いと判断できます。

 

このあたりは、通常の消費者金融や銀行のカードローンなどの審査内容とほぼ同様になります。

 

 

申込みに対して

申込みに対しても、ブラックでも申し込めるという事以外は、
ほぼ消費者金融の貸し出し条件と同様になっていて、

 

職業が無職の方は安定した収入がないので申し込みはできません。

 

ブラックという状態でも過去のものであれば、問題はありませんが、
現時点で他社の借入金の返済が遅れている場合には審査の通過は難しいかもしれません。

 

また、健康保険に未加入であったり、電話での連絡が取れない方も原則的に融資は難しいと考えられます。

 

 

ブラックでもOKというイメージでも

アルコシステムは、ブラックでもOKというイメージから、
審査基準が易しく設定されていると思っている方も多いのかもしれませんが、

 

実際の審査通過率だけで考えると、大手金融会社などと比べて低い傾向になっています。

 

これは、実際に審査に申し込んでいる人の属性の問題もあると思いますので、
一概に比較対象にはなりませんし、この数字だけでアルコシステムの審査が厳しいという判断はできません。

 

おそらく、ブラックではない方で、他社の借入もないような方であれば、
審査に通る可能性はかなり高いといえますが、

 

元々ブラックの状態の方が多く申し込んでいる状況であれば、
やはり数字自体はどうしても低くなる傾向があるといえます。