総量規制対象外でお金を借りられる所が知りたい

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

「総量規制対象のカードローン」を利用する場合、
法律的な借入れ上限が設定されてしまいます。

 

具体的に言えば「年収の1/3まで」を上限として
金額が設定されるわけですが、

 

  • 年収100万円の人なら約30万円
  • 年収200万円の人なら約60万円
  • 年収1000万円の人なら約300万円

 

が可能性のある金額になります。

 

逆に考えると、

 

50万円の借入れをするためには年収が150万円、
100万円の借入れなら年収が300万円以上あることが最低条件となってしまうため、

 

状況的に目標を達成できない人も出てきてしまう訳です。

 

 

お金を借りたくても

お金を借りようとする人が全てそうだとは限りませんが、割合で言えば低所得者の方が圧倒的に多い状況である以上、自身の年収によって借入れ上限が設定されてしまう状況は、

 

大きな問題になりやすい部分でもあります。

 

総量規制対象のカードローンでは目標金額を達成することが出来ないとなれば、

 

借りられる可能性のある金額でも対処できるような状態に持っていくか、
もしくはフリーローン以外の選択肢を取る他なくなってしまうと思うかもしれませんが、

 

カードローンにはもう一つ「総量規制対象外カードローン」というものもあります。

 

 

総量規制対象外のカードローン

総量規制対象のカードローンでは、年収に対して具体的な借入れ上限が設定されてしまいますが、
総量規制対象外のカードローンの場合はそういった制限がありません。

 

つまり、

 

年収100万円の人が50万円を超える借り入れを実現できる可能性もあるということになる為、
目標金額の借入れが実現できる可能性が高まります。

 

ただし、総量規制対象外のカードローンだからと言って全く上限が決まっていないと言う訳ではありません。

 

本来であれば明確な借入れ上限は存在していないことが総量規制対象外カードローンの特長ではあるのですが、

 

現実的に言えば総量規制対象のカードローンを暗にしている状況です。

 

つまり本来の意味合いで言えば、年収100万円の人が50万円の借入れが出来る状況ではあるものの、

 

実際には総量規制対象カードローンの借入れ上限である
30万円程度を上限とした契約になる可能性が高くなってしまうということです。

 

とは言え、そこに明確な上限が設定されている訳では無く、
あくまでも「融資基準として一つの参考値」であることは間違いないので、

 

審査状況によっては50万円の借入れが実現できる可能性も十分に考えられます。

 

 

どこで利用することが出来るのか

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

さて、その総量規制対象外のカードローンですが、
どこで利用することが出来るのかというと

 

「主に銀行」です。

 

カードローンは大きく分けると消費者金融系と銀行系に
分けられ、その内銀行系のカードローンに関しては
総量規制の対象外となっています。

 

 

簡単に覚えるのであれば

簡単に覚えるのであれば、

 

一般的に広く知られているようなカードローンは総量規制の対象となっていて、
銀行の関与が見て取れるものは総量規制対象外である可能性があると認識していれば良いでしょう。

 

ただし、これで全てを完全に判別できる訳では無いので、より高い精度で判別していくためには総量規制に関する詳細な知識と理解が必要になります。

 

例えば、一般的には消費者金融として認識されている「レイク」は、
確かに過去は消費者金融だったのですが、現在は銀行系カードローンになっています。

 

同じ名称・利用環境であっても所属が全く変わってしまっているものもあるので、
申し込み時には必ず各社の公式WEBサイトでどちらのカードローンに属するのかを確認しておきましょう。

 

分かり辛い点で言えば

「名前に銀行が含まれているものでも総量規制の対象である場合がある」という点です。

 

明確に「銀行カードローン」などと銘打っているものならば間違えることは少ないのですが、
「銀行グループカードローン」などという表現の場合はしっかりと調べてから判断することが大切です。

 

基本的な覚え方としては

先にも書いているように「銀行かそれ以外か」を意識していれば良いのですが、
万が一認識と違う可能性があるということも考慮して十分に留意するようにしましょう。

 

 

銀行系カードローンは審査基準が高い

また、一般的に「銀行系カードローンは審査基準が高い」と言われているため、
希望すれば必ず契約できると言う訳では無い点にも注意が必要です。

 

消費者金融系カードローンと比べて極端に基準が高く設定されていると言う訳ではありませんが、
試しに申し込んで否決されてしまうと次の申し込みに対してリスクが高まる可能性があります。

 

 

申し込みブラック

いわゆる「申し込みブラック」という状態になると、
本来の評価とは全く違った部分で評価されてしまうことになる為、審査通過率が著しく下がってしまいます。

 

そうなってしまうと状態が解消されるまでに半年近く必要になってしまうので、必ず厳選した申し込みを行うようにしましょう。

 

また、その際に「銀行ならばしっかりと状況を評価してくれやすい」という特長があるので、
フリーローンではなく目的ローンを利用するという選択肢も検討しておくと良いでしょう。

 

当然こちらも総量規制の対象とはなっていないので、年収に対して大きな割合の借入れが出来る可能性があります。