闇金嫌がらせ

ブラックでも借りれる消費者金融の口コミどこまで信じていいの?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

ネットの消費者金融の口コミを見ていると、
稀にブラックでもお金を借りれるという宣伝を見ます。

 

ブラックとは個人信用情報機関に
事故情報が登録されている状態ですから、

 

金融機関のローンを利用することはできません。

 

親・兄弟・友人から個人的に借りるのは自由ですが、金融機関は1円も融資をしてくれないでしょう。

 

 

ブラックになるには

何ヶ月もローンを延滞したり、債務整理をしたりするとブラックになります。
過払い金請求に関しては、現在はブラックにならないので安心です。

 

ブラックになってしまうと、最低でも5年間はローンの利用ができません。

 

ネットにはブラックから解除されるための裏技などが見られますが、これらはすべて嘘です。

 

そもそも小手先のテクによって解除できるなら、個人信用情報機関が存在する意味がありません。

 

 

ブラックの期間中

ブラックの期間中は消費者金融はもちろん、

 

  • 学生ローン
  • レディースローン
  • 街金

 

なども利用できないです。

 

 

再びローンを利用するためには

再びローンを利用するためには、最低でも5年間は待たなくてはいけません。

 

待つことでブラックから解除されて、再びローンを組めるようになります。
ただし注意したい点として、ブラックの原因を作った業者に再度申し込みするのは避けましょう。

 

例えば、債務整理をした業者の場合、
ブラックから解除されても業者の社内データに利用者情報が残されています。

 

過去に債務整理をした方には融資をしないので、まったく別の業者を探して申し込みしてください。

 

 

ヤミ金業者の常套手段

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

ブラックでも借りれるという謳い文句は、
ヤミ金業者の常套手段と言えるものです。

 

悪徳業者ほどブラックOKという
謳い文句を使いたがるので、
こうした業者は最初から避けてください。

 

 

もし借入をしてしまうと

もし借入をしてしまうと、非常に厳しい取立てに遭遇することになります。

 

何より悪徳業者から借りると法外な利息を請求されるので、
たった数万円の借入でも返済できなくなります。

 

ヤミ金はどんな人にも融資しますが、取立ての頻度は週1くらいとなります。
返済サイクルが非常に短いので、あっという間に返済不能に陥ることでしょう。

 

数万円しか借りなくとも、週に1万円の利息を請求されるのは当たり前です。

 

悪徳業者ほど甘い謳い文句で勧誘してくるので、
話がうまいと感じたら悪徳業者と考えるべきでしょう。

 

 

現実問題

現実問題としてブラックでは借入できる業者がないので、ブラックから解除されるまで待つしかありません。
債務整理から5年以上経過しているなら、新規の業者に申し込んでみるのもよいでしょう。

 

再びローンで失敗しないためにも、今後は希望額を最小限に抑えてください。
ローンで失敗してしまった方に共通するのは、高額の借入をしてしまったことです。

 

10万円程度で延滞・債務整理をする方はほとんどいませんが、
100万円ともなると債務整理をする方が目立ってきます。

 

キャッシングやカードローンなどは利息が大きいローンなので、
特に借りすぎには注意する必要があるでしょう。

 

たくさん借入することはできても、無理なく返済できるとは限りません。

 

 

自分の返済能力

自分の返済能力というのは、業者が知ることはできないのです。
自分で返済シミュレーションをして、返済能力を把握してから借りるようにしましょう。

 

月の返済能力が5万円という方なら、5万円を設定すると多すぎます。

 

無難に返済するためには、返済能力の6〜7割に抑えておく必要があります。
返済金とは別に小遣いを用意する必要がありますし、ある程度の貯金もするべきです。

 

いざというときは貯金が頼りになるので、最低限のお金は確保しておきましょう。

 

 

昔と現在の違い

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

昔は消費者金融の宣伝も甘いところがあり、
貸金業法も今ほど厳しくありませんでした。

 

実質年率はかなり高く設定されており、
グレーゾーン金利も黙認されていた時代です。

 

しかし現在はグレーゾーンは廃止されており、最高でも実質年率20.0%までしか認められていません。

 

それ以上の金利設定は違法になりますから、大抵の業者は18.0%以下で融資しています。

 

 

総量規制

また限度額も総量規制によって、年収の3分の1以内とされています。
借り手にとっては優遇条件だと言えますが、それゆえに審査が厳しくなっているのです。

 

ローンというのは借り手にとって条件が有利になるほど、審査が厳格になるという特徴があります。

 

VIPローンを見るとわかりますが、超高待遇の代わりに融資対象のハードルが高くなっているでしょう。

 

 

消費者金融からお金を借りるときは

消費者金融からお金を借りるときは、銀行系の業者をおすすめします。

 

銀行と提携している業者に共通するのは、信頼性が高くて安全なことです。

 

スタッフの対応力にも定評がありますし、利用方法も多く用意されておりプライバシー性が高いです。
何より返済方法がたくさんあり、ATMのほかにネットバンキング返済、口座引き落としなども選択できます。

 

怪しい業者からは借りないのが鉄則であり、
知名度が低いのに高待遇を提示している場合も注意が必要でしょう。

 

迷ったら銀行系の消費者金融を選んでおけば、失敗することはないでしょう。