闇金嫌がらせ

クレジットカードの現金化は利用しても大丈夫?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

クレジットカードの現金化というのは、お金が手元にないときに、
誰でも1枚や2枚は持っているクレジットカードを利用して
お金を手にする方法です。

 

具体的には、クレジットカードを利用して、
百貨店共通商品券などのギフトカード類とか、
新幹線やJR特急などの回数券類を購入し、

 

それを金券ショップなどに持ち込んで買い取ってもらうことを指します。

 

 

この方法を利用しても大丈夫かどうか

それでも、この方法を利用しても大丈夫かどうかということですが、少なくとも違法ではありません。
実際に街を歩くと金券ショップはいくつも立ち並んでいます。

 

定価割れの価格で販売しており、人気を集めているわけですが、
定価割れで販売しているからには仕入れ値はそれよりもさらに安いはずです。

 

つまり、普通に百貨店に行って共通商品券を購入したり、JRのきっぷ売り場に行って回数券を購入して仕入れては自分の店が赤字になるだけで、そんな仕入れ方をしていないのは明らかです。

 

 

現金化の主な買取先

ここから先は想像も入ることは否定しませんが、要はこの
現金化の買取の主流になっているのが金券ショップであるわけで、

 

もし違法なのであれば真っ先に一斉摘発されるはずです。

 

そうなっていないということ、実際に営業許可を受けていることから見ても、少なくとも違法ではありません。

 

しかし、では無制限に行って全く何の問題もないかというと、それもまた違いますから、
それを説明しましょう。

 

 

クレジットカードの現金化とは

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

まず初めに、本当ならば説明するまでもない、
ごく当たり前のことを説明しておきます。

 

このクレジットカードの現金化でお金を手に入れる方法
というのは、何もないところから突然お金が湧いてくるわけではありません。

 

クレジットカードでのショッピングと同じで、その代金は翌月以降に支払わなければならないのです。

 

いわば一種の借金、前借りであることを忘れてはいけません。
返すあてもないのに闇雲に現金化を利用しては、翌月以降自分の首を締めるだけです。

 

 

カードの利用規約で規制

次に、実はこのクレジットカードの現金化というのはカードの利用規約で規制がかかっています。

 

基本的にカード会社としては現金化をやって欲しいとは思っていません。

 

本来のカードの使い方ではありませんし、上にも書いたように自分で自分の首を締めることになる結果として、カードの代金を払えなくなる人が、通常のカードの使い方をする人に比べるとはるかに多いのです。

 

カード代金を支払えなくなってはカード会社としては大きな赤字、損害ですから、そういうことが起こらないように何とか手を打ちたいと思っているのです。

 

 

カード会社の限界

とは言っても、実際に金券ショップで現金化するところまでカード会社は監視できません。
別にクレジットカードそのものを利用して取引が行われているわけではないからです。

 

実際、カードで買った商品券や回数券そのものが金券ショップに持ち込まれたのかどうかさえ、カード会社は知る術がないのです。

 

プレゼントとしてもらった商品券類を現金化することまでカード会社に禁止されるいわれはありませんし、実際そんな規制をかけることはできません。

 

となると、クレジットカード会社にできることは限られてきます。

 

 

制限をかけるカード会社

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

商品券類や回数券類をカードで購入することを全面的に禁止するというのはどうでしょうか。

 

これはあながち荒唐無稽な話ではなく、
全面禁止とまではいかなくても制限をかけるカード会社
もあります。

 

しかし、世の中にこれだけクレジットカードが普及してくれば、利便性という意味で全面禁止というのも難しいでしょうし、それはまたカード会社にとっても利益を得る機会を逸することになります。

 

このように考えてくると、
金券ショップでの現金化の禁止もできず、カードでの購入の全面禁止もできません。

 

カード会社としては、換金されそうな、換金に使われていると思われるような、商品券類や回数券類のカードでの購入を禁止するくらいしか手がないのです。

 

つまり、明確な基準を定めることができません。カード会社が怪しいと思うような購入があればペナルティですというような、カード会社の判断、ある意味推測がそこに入ってこざるを得ないのです。

 

 

裏を返せば

ということで裏を返せば、利用者としてはカード会社に怪しまれそうな、
怪しまれて問い合わせ受けたときに言い逃れのできないような使い方をしてはいけないということになるでしょう。

 

ちなみにここで言うペナルティとは違法だから警察に捕まるといった意味ではなく、
単にカードの利用を停止されることです。

 

カードの利用をしても良いか停止するかの判断の権利は利用者ではなくカード会社にあります。

 

その意味で言えば仮に本当は現金化しておらず自分や家族で使ったり、友人へのプレゼントとして使ったのであっても、

 

カード会社に怪しまれ、釈明も信用してもらえなかった場合はカードの利用を停止されてしまうということになります。

 

これは不合理のようにも思えますが、利用規約上はそうなっているのですから、嫌なら初めからクレジットカードを使ってもらわなくて結構ですとカード会社は言っているわけです。