風俗嬢水商売お金借りれる?

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

銀行をはじめとした金融機関からお金を借りるためには、
基本的に申し込み手続きを行うだけでは駄目です。

 

確かに手続きを行えば申し込みは受け付けてもらえるでしょう。

 

しかし受け付け後に自動的に行われる審査に通らないと、
1円も借りることはできないのです。

 

それに無事に審査に通って借りることができるようになったとしても、実際に何円借りられるかも審査結果次第となります。

 

ですから100万円の借り入れを希望して銀行カードローンに申し込んだとしても、審査の結果、希望額の半分の50万円しか借りられない場合もあるのです。

 

それどころか30万円だけしか借りられない人もいますし、10万円だけの人もいるでしょう。
そのように希望する借り入れ金額が認めてもらえないというケースなど、世の中にはいくらでもあるのです。

 

 

金融機関におけるローン審査

そんな金融機関におけるローン審査ですが、それは申し込んだ人の属性をチェックすることで行われます。

 

属性というのは個人情報の一種なのですが、審査で必要となる情報とは、その人の経済力と信用力を調べるために必要となる情報だけです。

 

ですから身長や体重などの個人情報は一切必要ありませんし、出身地や現住所などによって審査に有利になったり不利になったりするようなこともありません。

 

審査に必要な個人情報は、たとえば

 

  • 年収や役職
  • 住居年収や勤続年数
  • 自宅はマイホームなのか賃貸住宅なのか
  • 既にカードローンやキャッシングなどで借り入れをしていないか

 

などのお金や信用に関係している情報だけなのです。

 

金融機関は、そんな数多くの属性をチェックして得点化するのです。

 

そして、ある一定以上の得点をマークした人は審査に通しますし、それに満たない人は審査に通さないのです。

 

 

基準は各金融機関によって違う

ただし、その「ある一定以上」という具体的な基準は、各金融機関によって違います。

 

つまり審査はその会社独自の基準で行われていますので、たとえ似たような金融機関であったとしても、審査の難易度は各会社によって微妙に違うのです。

 

ただし、そうした審査基準の詳細は企業秘密ですので、

 

「どうやったら審査に通りますか」とか「審査に通るコツを教えてください」
などと金融機関に尋ねたとしても、きっと差し障りのない当たり前の事柄しか教えてくれないでしょう。

 

いずれにしても、属性の高い人ほど審査には有利になることは間違いありません。

 

ですから年収200万円のフリーアルバイターと年収1000万円の大企業の部長とを単純に比較すると、間違いなく部長のほうが審査に通る可能性は高いと考えられます。

 

しかし審査とは決して年収のような、ある特定の情報だけで行われるわけではありません。

 

もしもその部長が既に多額の借金を抱えているとしたら、場合によってはフリーアルバイターのほうが審査に通る可能性は高くなってしまう場合もあると考えられます。

 

 

風俗嬢など水商売に従事している人の場合

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

ところで風俗嬢など、水商売に従事している人が
銀行や消費者金融などに借り入れを申し込んだ場合は、

 

果たして審査に通る可能性はどれくらいあるのでしょうか。

 

結論を言うなら、それはケースバイケースです。

 

たとえば同じお店に勤務している風俗嬢だとしても、きっと年収には差があることでしょう。

 

人気が高い女の子なら年収1000万円の場合もあるでしょうし、人気が無ければ年収200万円程度しかないかもしれません。

 

ですから年収が低かったり既に借金を抱えていたりする属性の低い風俗嬢ほど、審査に通らなくなってしまう可能性は高いと考えて間違いありません。

 

 

一般的に考えて雇用が不安定

それから風俗嬢をはじめとした水商売の関連業界は、一般的に考えて雇用が不安定であり、収入も不安定である傾向があります。

 

そのような不安定な業種とは、金融機関のローン審査では間違いなく不利です。

 

ですから少しくらい年収が高い女の子でも、自分が希望する金額のお金を借りられるかどうかは分かりません。

 

ゆえに、「年収1000万円の私なら300万円くらいなら総量規制に抵触しないし簡単に借りられるだろう」と思って申し込んでも、審査の結果、200万円しか借りられないような場合はあるでしょう。

 

ましてや年収が200万円か300万円程度の人では、20万円か30万円借りるのが限界であることも考えられます。

 

 

風俗嬢や水商売の人でも金融機関からお金を借りることは可能

以上の事柄を総合的に考えると、風俗嬢や水商売の人でも金融機関からお金を借りることは十分に可能と言えます。

 

しかし水商売は雇用が不安定な分だけ、審査には不利になってしまうことも覚悟しておくべきでしょう。

 

ですから、たとえ一般のОLと同じ程度の年収の風俗嬢だとしても、一流大企業に勤務しているようなОLと比べれば審査には不利になります。

 

その点は覚悟しておいたほうが賢明でしょう。

 

ちなみに数ある職業の中では、公務員は非常に安定感が高い職業ですので審査にも非常に有利です。
何しろ公務員なら、勤務先の市役所などが倒産して職を失ってしまう危険など殆どありません。

 

ですからお金を貸す金融機関の立場で考えるなら、公務員こそは理想的な職業なのです。