闇金の嫌がらせ電話対策は簡単に解決できます!

夜逃げの方法とリスク

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

目前に迫った危機を回避するために、
「夜逃げ」という選択肢を選ぶ方もいるでしょう。

 

かつては夜逃げというと、借金の返済や
家賃の滞納などから逃れるために行うものとされていました。

 

現代ではやや違った意味で使用されることもあり、たとえばドメスティックバイオレンスや、ストーカーなどから身を守るために姿を消す、という意味合いも持っています。

 

 

完全に逃げ切れる?

どのような理由で夜逃げをするにせよ、完全に姿を消し、逃げ切るということは、現代においては非常に難しくなっています。

 

仮にある程度成功したとしても、その後常に追ってくる影に怯えることとなってしまうのです。

 

ただ、たとえば暴力的な親族に目をつけられているなどの場合は、一旦姿を消して、公的な機関や親しい人のところへ、身を寄せるのが良いといえます。

 

 

行動スケジュールを把握

その際には、見つかりたくない相手の普段の行動スケジュールを、事前に把握しておくことが大切です。

 

何曜日・何時にどこに居るのか、そういったことをメモしておき、一番見つかる可能性の低いタイミングで、身を隠すことが良いでしょう。

 

また、あまりにも荷物が多いと、準備段階で気づかれてしまう可能性がありますから、必要最低限に抑えたほうが良いといえます。

 

こうした夜逃げはあくまでも一時的な避難であり、その後についてしっかりと考えていく必要があります。公的機関へ直接相談に行くことが難しい場合などは、一度公共の相談ダイヤルなどに、電話してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

夜逃げのリスク

闇金(闇金)の嫌がらせ相談をしたいなら、弁護士を上手く活用して下さい

夜逃げとは、主に借金取りなどの暴力団関係者の取り立てから逃げたり、結婚を両親から反対された時に駆け落ちして逃げる時によくやることです。

 

一般的には夜に外へ逃げるので、18歳未満の児童が夜中に外へ出ると警察官に補導されたり、特に女性の場合ですと、不審者に痴漢や強姦などの犯罪に巻き込まれる可能性があります。

 

 

殺されるリスク

あと、借金取りなど暴力団関係の人に追いかけられている場合は、あまりにも殺されるリスクが多すぎるので夜逃げはおすすめできません。特に夜中の0時を過ぎると大抵の人は寝ます。

 

夜逃げというのは人気のいない時にやるのが一般的ですが、夜中というのは治安がよくありません。

 

なぜなら、夜中にコンビニや路上でたむろしている不良が多いことと、先ほども言ったように犯罪に巻き込まれやすい時間帯だからです。

 

 

リスクが高すぎる

なので、夜逃げはあまりにもリスクが高すぎるので避けたほうがいいし、下手したら、何も告げずに出て行ってしまうとかえって両親や友人に心配をかける可能性があり、場合によっては捜索願を出される可能性もあります。

 

今は暴力団はあまり外での活動を制限されているので夜逃げの際に殺される心配は少なくなっているでしょう。昔みたいに家に取り立てに来ることはまずないです。

 

ただし、夜逃げはこう言った、リスクが必ず付いてきます。

 

大体夜逃げの時間帯は夜中の0時を過ぎてからやるのでこの時間を過ぎると外の治安はあからさまに悪くなります。やること自体はあまりにもリスクが高いのでおすすめはしません。

関連ページ

それぞれの理由
闇金からの電話などの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します
おすすめ引越し業者
闇金からの電話などの嫌がらせの対処方法を悩んでいる方に私が経験した一番効果的な方法をお伝えします。警察や役場に行ってもダメでしたが、専門の弁護士が一番効果がありましたので紹介します。ヤミ金の電話や対策対応に多くの実績がある専門の法律家です。闇金の報復や復讐が怖いあなたの相談も無料で対応します